僕自身覚えてないんですけど、母や兄、祖母も言っているので本当の話だと思います
文章力ないので変なところあっても気にしないでくださいませませ!

僕が2、3歳の時?にいつもはリビングで遊んでたんだけど、ある日を境に玄関で一人で遊ぶようになったらしい。
僕の母は最初、単に玄関が気に入ったからそこで遊んでいると思っていたらしい。
しかし、一人で遊んでいるはずなのに誰かと話すような口調で喋っている僕の声(ToMoBILEの声)が聞こえたのだそうだ。母は僕に「誰と遊んでるの?」と聞く
と、「○○ちゃん(女の子)と遊んでるの」と答えたらしい。
僕が玄関で一人で遊ぶようになってから、
真夏の日でも冬のように玄関が冷たくなったそうだ。

 母はそのことをあまり気にしなかったそうだが、僕が一人で遊び始めるようになってから数十日後、僕が突然「○○ちゃんのおばあちゃんが来たからお家に入れるよー」と言い始めたのだ。この時、母が初めて「これは絶対に悪い奴だ」と思い、祖母の友達で占い師兼霊能者のおばちゃんに相談しに行ったそうだ。そのおばちゃんは、「急いでお塩とお酒を家の周りにまいて!」と言われて、すぐにお塩とお酒を家の周りにまいたのだそうだ。
それからその○○ちゃんとその子のおばあちゃんは来なくなったそうだ。
○○ちゃんの名前はあえて伏せさせていただいております。理由は、名前を書いたらまた帰ってくるかもしれないからです。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(7)

本当に、何もなくて良かったですよね。

ありがとうございます

コメントよろしくお願いします!!!

はい!了解です!

何事もなくて良かったですね。これからも暇があったら書いてくださいね。

ToMoBILEさん、お話読ませていただきました!悪いことが起こらなくて良かったですね!僕もお話を結構書いていますので、お暇なときに覗いてやって下さい。

読みやすかったし、怖かったです。暇なとき、またお願いします。

ToMoBILEさんの投稿(3)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード