このお話は私が小さい頃に体験したお話です。

私が子供の頃に夜になると、大きなタンスの扉の前に白い服を着た女の子がいました。
当時の姉と年が変わらない女の子です。
両親に姿は見えていないことからこの世の者では無い事は分かりますが、幽霊と言うモノを知らずにいて怖いと思わなかったので余り気にはしていませんでした。
そんなある日、今でも覚えている怖い出来事がありました。
四歳の私は夜中目が覚めました。
目が覚めた私の足下に白い着物を着た髪の毛がボサボサの女性が居ました。
産まれて初めて感じる恐怖…。
不気味な笑顔を浮かべ私の足を引っ張ろうとしたその時でした。
「…触るな。」
横から女の子が出て来て、怖い表情で女性を睨み付けるとその女性の首を絞めていました。
女性は叫び声をあげながら消えていきました。
女の子は私に優しい笑顔で微笑むと頭を撫でてくれました。
「怖かったね。もう大丈夫だよ。心配だから様子を見ていたの。」
その優しい笑顔と手のぬくもりを感じた私は安心感から泣いてしまいました。
私の泣き声で目が覚めた両親も優しく頭を撫でてくれました。
次の日の夜に女の子にお礼におやつのキャンディーを枕元に置いてその女の子がいるタンスに向かって手を合わせて呟きました。
「お姉ちゃん有り難う。」
と…。
その女の子は夢の中で嬉しそうにキャンディーを食べていました。

そんな出来事から月日がたち、私は小学二年生になっていました。
小学二年生の春先に末の弟が風邪を引いて苦しそうでした。
小さな身体で苦しむ弟をみたら可哀想になりました。
寝起きの私は弟と目があったので自分の布団に入れました。
「大丈夫?早く元気になってね。」
子供心に私に抱きついてきた小さな弟が可愛くて守りたくて…。
「神様、弟の風邪を治して下さい。弟の苦しさを私に下さい。私はお姉ちゃんだから大丈夫です。」…と、心の中で祈りました。
それから二度寝をしてしまった私は、弟が元気になり布団から飛び出したので気がつきました。
祈りが通じたのかは判りませんが、弟の風邪がうつりました。
「拓也が可愛そうだったから。神様にお願いしたの。お姉ちゃん、拓也元気になったね。」
弟の様子を見に来て、私の異変に気付いた姉はビックリしていました。
「拓也は元気になったよ。でも、栞まで風邪引いたら駄目だよ。お馬鹿。だけど、拓也を心配してくれたんだね。」
姉は優しく私の頭を撫でてくれました。
「お

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

怖い、話って言うより心が温かくなる良い話しですね。

とても、感動しました。優しいお姉さん良いですね。私にも若くして亡くなった姉が居て、もう亡くなってから10年以上経ちますが、今でも守ってくれているんだ。と、感じる出来事がたまに有ります。

良かったですね…

お姉さんの愛も凄いけど、家族関係が素晴らしい、思いやりに溢れてる。私の家庭は正反対だから、羨ましい限りです。

栞さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード