私の教室は校舎の三階。
うっかり忘れ物をしちゃって、
雨の中を今から取りに行くところなの。


先生に見つかると、いろいろ言われそうだから、裏の将校口からそっと中に入った。
「いやだ、もう!」


クモの巣が張っていた。
私は手にしていたビニがさでクモの巣を
払い、近くにあった誰かの上履きで、そのクモをパンと叩いた。


「うわっ、気持ち悪い」
まさか、こんなにグチャとつぶれるとは思っていなかったのでちょっとびっくり。


いやいや、今はそれどころじゃない。
急がなくちゃ。
「あらっ、何だろう......」


気のせいか、廊下にうっすらもやがかかっているような気がする。
ゆっくりと階段を上がった。


確かに、もやがかかってる。
そして階段が上がるほど、そのもやが濃くなっていく。


「何かわからないけど、早く取っていこうっと」
何となく、いつまでもここにいない方がいいような気がしたの。


三階に上がると、もやは、いっそうひどくなってた。
「まさか、何かが燃えてるわけじゃないわよね。別に匂いはしないし」


私は小走に自分の教室へ飛び込んだ。
四年二組。
ここが私の教室。


「ええと、ノートは......。
あったあった。これで先生に注意されずにすむわ」


何たって、私の先生は怖い。
本名は石橋先生なんだけど、あんまり厳しいので、みんなからビシバシ先生って呼ばれてるくらいだから。


忘れ物のノートを小わき抱えて、私はゆっくりと階段を降りる。
二階、一階.......。ん?


将校口がない。
あれっ、ここまだ二階だったっけ。
考え事をしながら降りたから、勘違いしちゃったみたい。


もう一階分の階段を降りる。
「えっ、うそ.....」
ここにも将校口はなかった。


その代わりに、まだ下へ続く階段があった。
「どういう事?どうして将校口がないの?」


早足で階段を降りる。
ここにもない。
どうして.....。


「やだ、私。頭がどうかしちゃったのかなあ」
また降りる。


それでもやっぱりあるのは、下へと続く階段だけ。
「落ち着け落ち着け」


「じゃあ、今度は教室へ戻ってみよう」
胸のドキドキを押さえながら、階段をかけ上がる。


けれど、上がっても上がっても終わりはなかった。
わけがわからなくなって、私は階段の途中じゃがみこんだ。


「そうだ。外を見れば、ここが何階かだいたい分かるかも」
私は

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

面白かったです!!

あなたのコメは、無視します。

死神って蜘蛛じゃないの

りんかさんの投稿(31)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード