「ねぇお兄ちゃん!聞いて!私ね、私ね!最近、怖い話にハマってるの!」
(こいつウザいんだよなぁ
いつも通り無視しよ…)
「ねぇ、お兄ちゃんは知ってる?呪われちゃう話!」
(またどうせ胡散臭いやつだろ…)
「あのね、女の子がいてね、その子と話すと呪われちゃうの!」
(そんなのよく聞くよ。くだらねぇ)
「でね、その子はね 本物に化けててね!誰にも見分けがつかないの!」
(こいつさっきから何の話してんだよ)
「話しちゃダメなんだよね。どんなこと言われても、偽物はダメなんだよね。見分けがつかなくてもね、必ず何処か違うからね、そこを見つけるとね…」
「まじなんなんだよ。うるせぇな。さっさと自分の部屋に帰れよ」
「あ!お兄ちゃん、やっと話してくれたね!」
(そうだ。俺の妹は俺のことお兄ちゃんなんて呼ばない…)



この時の、《妹ではない何かの満面の笑み》は忘れない。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(13)

妹はどうなったのかのくだりを付けないと疑問符だけ残って怖い話にならない

分かりました。妹が偽物ですよね。

芦田さん、 コメントありがとうございます! 妹ちゃんは何処でしょうね…

偽物はドッペルゲンガーかなにかか、よくわからなかった

こ、怖えー!

妹はどこにいるんですか?

あはは!怖くて凍りそう♪

その子が偽物ってことかぁ。 じゃあ、本物は何処に? 考えるとぞくっとします。。

名前を変えました!これから、あやこって呼んでください!

武蔵さんの投稿(27)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード