親戚に元刑務官って叔父がいる。

叔父が言うには、刑務官の仕事って受刑者を監視する事じゃなくて、受刑者に人の温かみを教えるのが本当の仕事らしい。

そんな叔父から、時間があれば受刑者の話を興味本位で聞いていた。

話す内容のほとんどは、受刑者の犯した罪についてがダントツで、自首した受刑者はどうして自分が自首するに至ったかを話すらしい。

その中で、ここのサイトに合う話があったので、投下します。

その受刑者をAとして話を進めます。

Aは、元々は普通のサラリーマンだった。

その彼が刑務所にいる理由は、
殺人だ。

殺害されたのは、この人の妻。

殺害後、遺体の処理に困ったAは自宅の冷蔵庫にバラバラにした妻を保存していた。

Aは会社から帰ってくるなり、冷蔵庫から身体を一部をだして、肉は細かく切り、骨はミキサーで粉々にし、部屋のトイレから流していった。

そんな日々が何日か続いて、身体のほとんどがトイレから流れていったという。

最期に残ったのが頭部で、これを細かく刻むのになかなか踏ん切りがつかなかったらしい。

妻の頭部だけが冷蔵庫に残された状態が、何日か続いたある日、Aは夢を見た。

その夢の中では、殺した自分の妻が部屋のテーブルに俯いて座っていた。

かなり深く俯いてるらしく、そこから表情は伺うことはできない。

でも、テーブルに置かれた手だけが、カタカタと左右に震えていた。

カタ、カタ、カタカタ、、、

徐々にその震えかたが早くなっていく。

カタ、、ガタガタガタガタッ、ガッガッガッガッゴッゴッゴゴガッ!

次第に、
爪が、
そして指が、
テーブルの周りに飛散しはじめた。

ビチッッビチィッ

みるみる内に肘から先がなくなり、
ちぎれた腕からは真っ赤な血が迸り、
飛び出た骨がまだカタカタとテーブルを打ち叩いていた。

そこで目が覚めたA、全身を汗でべっとりと濡らし、あまりのショックに身動きが取れなかったという。

ようやく落ち着きを取り戻し、リビングへと向かう。

すると、冷蔵庫が少し開いている。
その隙間から、首だけの妻が睨みつけていた。

Aは驚いて冷蔵庫を閉じ、速攻で扉をガムテープで塞いだ。

この時には、まだAは自首を考えなかったらしい。

そんなことがあり、冷蔵庫の中の頭部の処理をどうしようかと手を焼いていたAは、その日に新しい冷蔵庫を購入することにした。
一人暮らし用の小さい冷蔵庫なので、店

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

知ってる話し

自業自得だ。

怖いw

やんばる喰いなあさんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード