これは5年ほど前に体験した本当にあった話。

長いですが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。


俺は都内で独り暮らしをしていたんだが、ある梅雨時期の日の夜、寝ようとしていると親友のS君から電話がかかってきた。

電話に出るとすぐS君は

「彼女といる? 音楽かけてる?テレビつけてる?」

としつこく聞いてきた。

でも俺は寝ようとしてたので、当然音楽もテレビもつけてないし、S君の言う彼女とは別れていたので一人きり。

そう伝えるとS君は、腑に落ちない様子でこう言ってきた。

「なんか、近くに女の人が居るような感じがするんだよね。でも一人だって言うから、音楽か何かかけてるのかなって思った。」

当時、部屋の一番奥に大きな磨りガラスの窓があって、その目の前にベットがあったんだけど、その窓の向こうにある狭めの道から、話し声が聞こえたりすることがあった。

「窓の向こうの道を誰かが通って、その人の声が聞こえたんじゃん?」

と、俺は話を切り上げてすぐ電話を切ったんだけど、ずっと窓の目の前にいたのに話し声も人の影も見えなかったから、内心かなり気持ち悪かった。

今思うとこれが異変の始まりだったと思う。

その日以降、部屋の気持ち悪さが拭えなかった俺は、とても霊感が強く、実家がお寺をしているお坊さんでもあるR君にお願いして、家に来てもらうことにした。

R君は家に入るとすぐ、周りをキョロキョロと不思議そうな顔で見渡し始めたから、どうなのか聞いてみると、Rからの回答は

「良いのか悪いのか分からないけど、確かになんか変だね。」

でもその後3~4時間くらい、音楽を聴いたりゲームをしたりしたけど、R君が何かを気にするような素振りはなかった。

R君が帰る時、家の前まで出て見送った後、俺はバイクで近くのコンビニに行った。

時間にすると10分もなかったと思うけど、帰って来てケータイを見ると、不在着信が入っているのに気がついて、電話の相手をみるとR君だった。

何の電話なのか確認しようと折り返すと

「え?逆にどーした?」

と尋ねられた。

どういうことなのか分からず事情を聴くと

「帰りだしてすぐ電話くれたじゃん? すぐに車を止めて出ようとしたんだけど切れたから、かけ直した。」

と言われた。

俺はR君が帰ってすぐバイクに乗ってたから電話なんかできないし、コンビニでもケータイに触れてないし、更には俺のケータイの発信履歴

この怖い話はどうでしたか?

コメント(10)

恐いですね、生霊は一番怖いですものね 無事でよかったです!

とくさん、ありがとうございます! シンプルでストレートな言葉なので、余計嬉しいです!!

菜々氏さん、ありがとうございますm(__)m 初めての投稿だったので、とても嬉しいです!

北海道のモモンガさん、コメントありがとうございます! また上げるので、是非読んでほしいです! ただ名前のプロファイルの変更ってどういうことですか?( ;∀;) 分かれば是非するので、教えて下さい!!

匿名さん、そうなんですよ!色々と話も聞けるので!! ただR君は別件で色々あって、今はもう会えないんですけどね(´・c_・`) その話も今度のせますね!!

友人がちゃんとした坊さまというのは、実に羨ましい!何かと頼りになり心強い!

凄い体験されましたね。でもほんと読んでて怖かったです。 プロファイルの名前を変えて頂ければまたお邪魔できるのにな〜なんて思ったます(笑) またの投稿あればぜひ読みたいです( •̑‧̮•̑ )

とても上手。怖い。またお願いします!!!!

派手な話しじゃないが最後にゾーッとするね 書き方上手いわ

雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード