今日はすごく忙しくて疲れたな…。





夕方、自宅に帰るなり僕は畳の上に寝転がり目をつぶる。





僕がこの築40年の木造2階建てのアパートで一人暮らしを始めてから半年が経つ。





住めば都とはよく言ったものだ。






最初は気になっていたアパートの住民の話し声、テレビの音、足音すらも今となっては優しい子守唄のように聞こえてくる。





さらに追い打ちをかけるかのように、ザーザーと降り始めた雨の音が疲れきった僕を眠りへと誘った。





どのくらい寝たのだろうか。





「ピローンッ!」





メールの音で目が覚める。






友人からだった。






【今夜、しし座流星群が見れるらしいから一緒に見に行かないか?】
っという内容だった。






時計を見ると時刻は20時を指していた。






興味はあったが、身体が疲れすぎてとても見に行ける状態ではない。





【悪い。今日は体調が悪いからパスで】





友人に断りのメールを返す。







しばらくして、家のインターホンが「ピンポーン」と鳴った。






僕は重い身体を上げ、玄関を開けると隣に住む女が立っていた。






雨で濡れたのか全身ずぶ濡れだった。






「あの、急遽遠くに行くことになったのでご挨拶にと思いまして…」っと女が言った。






「あぁ、そんなんですか。わざわざご丁寧にありがとうございます。」
僕がそう答えると、女は会釈をし去っていった。






今どき、わざわざ引っ越しのあいさつに来るなんて謙虚な人だな…。






僕はそんなことを思いながら、夜ごはんを食べ、今度はちゃんと寝ようと布団に入り眠りについた。






ザーザーと雨はまだ降り続けていた。







翌朝、外が騒がしくて目が覚める。





どうやら隣の女が風呂場で手首を切って自殺したらしい。





遠くへ行くってそういう意味だったのか…。





何だか僕はいたたまれない気持ちになった。









解説へ






















解説

雨が降っているのに友人がしし座流星群を見に行こう。っと誘うのはおかしい。

僕が聞いた雨の音は隣の女が風呂場で手首を切ったときのシャワーの音。さらにずぶ濡れの女を見て、外も見ずに雨が降ってる思いこん

この怖い話はどうでしたか?

コメント

mifecoさんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード