怖くないかもしれませんが、本当に実話です。

コックリさん。。。今はエンジェルさんとか呼び方が違うようですが、絶対に遊び半分にしない方がいいです。

あれは30年程前の中学生の時、コックリさんが噂になっていて、頻繁に聞く様になっていました。

幽霊とか信じてなく、霊感ゼロの自分は、どうせインチキだろうとか、嘘くさっ!と思っていましたが、興味があったので、コックリさんをやろうと同級生を誘いました。

親友のO君、B君、Y君、俺(M)とA君の男5人。

事前にやり方を聞いていた俺は、授業中に紙を書いた状態にしていて、5人で下校のチャイムが鳴り終わるのを待っていた。

先生の見回りに気をつけながら、4階の屋上に通じる階段の踊り場でこれから始まるコックリさんにドキドキして待っていた。

下校チャイムとアナウンスが終わり、踊り場の窓の外を見ると夕暮れになり、かなり暗くなりはじめてた。

B君「そろそろ大丈夫ちゃうか?」
俺「せやな、でも、見回りのせんこー(先生)来るかもしれんから、しずかにやろうぜ」とルール説明をしてコックリさんを始めた。

まずは、踊り場の窓を少しあけ、4人のメンバーを決める。
よくある10円玉でやる形ではなく、ボールペンでやった。

手で10円玉くらいのマルを作り、紙の上に手をもっていきボールペンを握らないように、ボールペンを立てる。

一番下は俺、その後にそれぞれが俺の手の上から重ねていく、O君、B君、Y君の順番。


「コックリさん、コックリさん、どうぞおいでください。もし、おいで頂いたら、「はい」の方にお進み下さい」

何度か呼び掛けをした頃に、ボールペンが動き出した。

俺「おお!勝手に動いてる!!すげー!」

O君「えー!ほんまに!?マジで動いてるん?」

Y君「えー?Mが動かしてるんちゃうんか?」とYだけ半信半疑。

俺「マジマジ!俺動かしてないもん!」などと言いながら、コックリさんが始まった。


当事中学生で、コックリさんに聞きたい話題は恋の話「○○が好きな人は誰ですか?」とか、「○○は付き合ってる人はいますか?」など、学年中の気になる子の質問をそれぞれが行った。

夢中で楽しんでいて気がつけば窓の外は真っ暗、
当然、照明も付いていない学校で21時近くになっていて、普通は怖い筈がコックリさんで盛り上がり夢中になっていて、夜の学校の怖さ、静けさを忘れる位だった。

急に「俺、そろそろ時間ヤ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

最後の 6行 始めの文字縦読みしたら、 怖いーーーーーー

最高おしい! 後1文字ずつずらせてたら縦読み完成したのにね笑

りょうさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード