いまでもハッキリ覚えてます。

小学一年生のとき、通学の途中に、図書館の敷地を横切ってました。
その駐車場に、街灯があったのですが、その下に、毎朝必ず、10センチくらいの、大きな蛾がいました。
わたしはそれの羽根の両端をつまんで、左右にひっぱって殺してました。なんと恐ろしいガキでしょう。

ある晩、これは夢なんでしょうが、自分が掛けているタオルケットも、枕も、壁も天井も、蛾でビッシリになってて、ぎゃ〜ってなって、わんわん泣きました。

それからです。
あれほど平気で、指でつまんでむごいことしていた蛾が、怖くてたまりません。小さいやつもこわいです。

カブトムシとりにいっても、カブトムシと蛾が一緒にいたら、カブトムシとれません。

蛾のたたりか、と思ってます。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

10センチぐらいの大きな蛾 僕「ぎぃやぁぁあああ!デカイぃ!」 僕は何もなくても、虫が怖いです!:;(∩´﹏`∩);:

随分、衝撃的な夢だったんですね。本来は優しい性格だから何処かで、気になってたんだとお思います。(^-^)/

なかなか表示されなくて、送信失敗したかと思って、2回投稿してしまいました。申し訳ありません。

こたくんさんの投稿(4)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード