彼は昔から、女性に好かれることが多くあった。
常に女性の影が見え隠れしていて、過去に付き合っていた彼女の中には変わった子もいた。

当時彼は凄く綺麗な女性と付き合っていた。
しかし、その彼女は束縛が激しかった。
その中でも度が過ぎていたのが、
1時間おきに電話を要求される。
メールは5分以上途切れると電話が掛かってくる。
仕事で電話に出れなかったりすると、履歴に100件以上の着信。
メールも同じくらい来ていた。
彼女は気に入らない事があると、早口で捲し立て怒りと悲しみで声が震えた様子で、彼を責め立てる事が多かった。

ただ、おかしいのは、彼と彼女が会う頻度が異様に少なかったこと。
付き合っていてそれだけ連絡を取っていれば、毎日のように会っている事を想像したが、会うのは月一回あるかないか。

自宅は同じ地域で、彼女は仕事をしていない。
彼からも会おうと誘うが、彼女は予定が入っているとかで、忙しそうにしている。

彼もこれだけ高頻度で連絡を取っていれば、会う気も起きず、付き合っている意味すら分からなくなってきた。

夜も眠れない程の電話やメールに、彼の精神は限界が来ていた。

暫くして彼の自宅に遊びに行く事があり、彼女の話になった。
彼の口から、彼女とは別れたとの話を聞く。

付き合って2ヶ月が経ち、彼女に別れを切り出した。
物凄い勢いで怒りと悲しみをぶつけられたが、未練もなく、一方的に電話を切りその日中に携帯を解約したとのこと。

彼は非常に清々しい顔をしていた。
私は女性にだらしのない過去の報いだなと、笑って言った。



引きつった笑顔を気取られない様に。

私は彼女からも相談を受けていた。
彼が私に話した内容と同じ悩みを、彼女は抱えていた。
最初は半信半疑だったが、着信履歴や留守番電話など、明確な証拠を提示されると納得せざるを得無かった。

彼女は、早い段階で彼に不信感を感じ、親の言いつけが厳しいとの理由で、会うことや、連絡することを拒んでいた。
とうとう彼女は彼との関係に限界を感じ、他県に引っ越すと嘘をつき携帯を解約した。

私は彼から聞いていた話と真逆の内容に、戸惑いを隠し切れずにいた。
しかし彼の話は言葉の端々に、彼女に対する支配的欲求とも取れる内容があり、私の考えは疑惑から確信へと変わった。

彼はプライドが高く、それ故自分がしていた行動に対する自覚が、著しく歪んでしまっていた。

私は彼と疎遠となり

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

お化け出てこないの?

話を最後まで読んでないけどそういえば知り合いにいたね〜。 恋人依存症?でいいのかわからないけどw 女の子だったんだけど彼氏の仕事中にも電話して彼氏も相手するもんだから仕事ダメになったって言ってたな。

むしろ、心霊よりこわいかも

viiingさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード