対に負けちゃダメだからね。絶対に自分の中に悪魔を取り入れるんじゃないよ?」

私「・・うん。」


お婆ちゃんはそのままタクシーに乗って帰って行った。


ジョナ君「これ、どう思う?」

私「・・・。」


正直言って、これで金縛りが無くなるとか、怪奇現象が無くなるとか、そういう事は考えられない。
もしかしたら難しい頭の病気なのかもしれないし、私が見ているものは幻で、金縛りも脳みそのどこかがおかしいからなのかもしれない。
・・・でもせっかくお婆ちゃんが私の為に朝早くからとってきてくれたんだもん。損はないよね。不気味だけど・・


私「そこに置いてようと思う。」

ジョナ君「・・ちょっと怖くない?」

私「見ないようにする。」






ー 放課後 ー




この夜も私1人


ボインちゃん達は大事なテストがあるからと言って私の寮には寄らなかった。


教えてあげられるのになぁ・・・


なんて思いながらベッドの上で1人テレビを見ていた。

今日は何だか部屋の空気が違う。
いつもはだるくてしょうがないのに、今夜はマシュマロを食べながら目をパッチリしてテレビを見る事が出来る。



こんな感じ何日ぶりだろう。
・・・もしかしてこの十字架効いてるのかな・・



ー コン コン ー



ん・・?
誰だろう



ドアを開ける前にドアの横にある窓のカーテンから覗いて外の様子を伺った。

最近の私は何に対しても慎重だった。



外は誰もいない。



気のせいかな・・
ノック音もはっきりしてなかったし



私は気にせずベッド上に戻り、またマシュマロを口に頬張った。


それから10分ぐらいした後



ー コン コン コン ー



3回



音は大きくないが、ノック音が、確かに3回聞こえた。



ぇ・・



ベッドから降りてもう一度窓の外を確認してみる。

誰もいない。



外に出てみようと思ってドアノブに手を差しかけた時、お婆ちゃんがドアノブにつけてくれた、クリスタルの十字架が目にとまった。

家の明かりに反射しているのか、キラキラと輝いて見えた。



・・ダメだ。開けちゃダメだ・・。



私は窓の外をじっと見つめていた。



来るな・・来るな・・・



私「・・来るな・・来るな・・」



私は無意識に言葉に出していた

嫌な汗も出て来た。

ノック音が聞こえただけ、外には誰もいない。
なの

この怖い話はどうでしたか?

コメント(7)

え〜お〜待っていてくれてたんですか!嬉しいです(꒦໊ྀʚ꒦໊ི )こんなお話でもそう言ってくれる人が居ると凄く嬉しいしやる気出てきちゃいます!ありがとうございます!はい!こちらこそ宜しくです!!(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ ⌑ ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)

はやく続きが読みたいです。楽しみに待ってますね。

ダラダラ行開け過ぎ、無駄な会話多過ぎ 何より中途半端な内容でひどすぎる

④の投稿待ってましたよ。霊感が強いと色々と大変ですよね。気をつけてても災難が飛んでくる…次でラストですね。楽しみにしていますよ。他のお話もまだまだよろしくお願いします。(^-^)/

これでもカットしたつもりですw 怪奇現象も怖いとこはカットしない方が良いかなって思って書いてます。 不快にさせてごめんなさい。。

こたくん> ありがとうございます! すぐに投稿しますね!そう言っていただいて光栄です(◜ᴗ◝ )

無駄に長い!

北海道のモモンガさんの投稿(20)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード