これは、僕が中学の時の話です。

その日は、家族(僕、父、母、弟、おじさん)でドライブをしていた。その帰り道の夜、運転をしていたおじさんが、

「おい、誰か立ってんだけど」

と、急に前を指さして、言った。

僕は、その指差す方向を見た。
確かにいる。

父は、

「こんな道に人がたってるなんて、おかしいな」

といい、乗せてやろうと言い出した。
それには母も同意した。そして、その人の方に近づき、やっと顔がみえた。女の人だった。

しかし、おじさんはそのままスピードを急にあげ、その人をスルーしてしまった。
流石にスピードが速いので、寝ていた弟もおきてしまった。

「何やってんだ馬鹿!!危ねぇだろ!!」

と父

「今の人、スルーしちゃったけど?」

と母。
するとおじさんは、真っ青になって

「俺は悪くない……」

と、ブツブツいいながら、結局僕達は帰った。

そして、その事があって3日後、おじさんは交通事故でなくなった。
車がスリップしたのだという。僕はその時、あのドライブの時のことを思い出した。

何故あの時、おじさんの顔は真っ青だったのだろう。
あの立っていた女の人は?

未だに、知らないままである。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

オチが弱いですね

不思議な体験談ですね。

おじさんの誰にも言えない秘密… 連れて行かれたのかな?

Pちゃんさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード