【イライラメールが届いたらスクショして5人に送れ。さもないとあいつが…】

ネットでその情報を見てから、私はメールが気づかない間に来ていないか何度も確認するようになった。

この話は、三年前。私がまだ高校生だったときのこと。
彼氏もできて、幸せな高校生活を送っていたけれど、こんな事が起きてしまうなんて。


ある日、私は友達とメールをしていたんだが、友達以外の人からメールが来ていることに気づき、見てみることに。

件名 イライラメール

このメールが届いたらスクショして5人に送ってね!
そうじゃないと地獄に落ちるからな。

送るとラッキーなことが起きるよ!
送らないと逆のことがおきる。

なんと情緒不安定なメールなんだと、苦笑いしながら消した。

そして5日ほどたったある日。

彼氏と遊びに行っていた。
すると、携帯がバイブをならす。

「なんだろ…」

見てみると、一通のメールが。

件名 おい

送らなかったな







今行くぞ


何かが私にべたっと触って来たような、冷たく気持ちの悪い感じがする。

すぐにメールを消した。
そして携帯の電源を切り、彼氏を心配させないように作り笑いを見せた。

そして…


電源を切ったはずの携帯がバイブをならす。

「メールだ…」

止まらない汗、鼓動が私を殺そうとしている気がする。

意を決してメールを開くと、

件名 こをとわゆの

のをてほたの「とをつおややな、んとまたとわ」ゆゆねらやたやゎたこまてら「みんぬは。るまよんの、!ぬ「まのよなほわ



後ろ


最後の後ろという文字が私の体を震わせた。

「あいつが…」


あいつがくる。






彼氏に抱きついて震える手を必死に押さえる。
「ほんとだったらどうしよう…!」

「おーい」

彼氏が私を呼んだ。
でも怖かった。

彼氏の温かい温もりがなくなって、
ひんやり冷たくなっていることに気がついたから。

「あなた…誰…?」

私は彼氏を、いや、それを震えながら見上げた。








それは、彼氏じゃなかった。

にたぁと笑うそれは、私を見降ろしてよだれを垂らし、だらしない顔でひひっ…!と声を出した。

「きゃぁ!」












そして携帯のバイブがなる。


件名 遅かったな

回せば幸せだったのに。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

そ、そ、の後どうなったの?!

1点。初コメ

みあこさんの投稿(10)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード