あれは私が中学2年生の夏休みの頃です。


親戚と私の家族で旅行に行くことになりました。
親戚は10人、私の家族は私と両親と妹2人、それとばあちゃんでした。


 
私は怖い話が好きだったので、親戚の男の子(小学5年生(以下Kとします))に「もしも宿に幽霊が出たらどうする?」みたいな話をして、勝手に盛り上がっていました。


Kの叔母に「そういう話はしないで」と厳しい口調で叱られたのを鮮明に覚えています。
今から思えば、彼女にはこうなることがわかっていたのかもしれません。

 
駐車場から、木々に囲まれた道を歩き、木造のコテージに着きました。

 
二階建てで、一階はキッチンとダイニングがあり、20人くらいで食事を囲めそうな大きな四角い木のテーブルがあったのを記憶しています。
イスもテーブルの大きさに合う数が用意されていました。

二階には寝室があり、親戚の部屋と私たちの家族の部屋がありました。着いてすぐには分からなかったのですが、一階にも寝室があり、ばあちゃんたちは階段を使わなくてもいいようにそっちで寝ていたみたいです。

 
私はこのコテージに着いた時から、変な空気を感じていました。
言葉にするのが難しいのですが、木で作られた温かみのある雰囲気なのに、肌を刺すような寒気がする空気感といいますか、違和感があったのです。

 

ただ、私は2泊3日の旅行なのに、部活の大会があるため1泊で帰らなければならず、とにかくこの旅行をみんなより楽しみたい気持ちが強かったので、違和感のことは忘れた気になっていました。

 

宿に着いてすぐにKと近くにあるテニスコートで遊んだり、家族みんなでコテージの一階にある木のテーブルでUNOをしたり、夜は満天の星空の下バーベキューを満喫したりと、その日は大いに遊びつくしました。

 

私はその日の夜、親たちが一階で呑んだくれているのをよそに、Kと妹2人と一緒に二階の寝室に行き、床に就こうとしていました。

私「今日は楽しかった。俺は明日帰るけど、旅行の思い出話、帰ったら聞かせてね。」

K「そーいえばY(私)、明日で帰るんだっけ。また旅行しような。」

私「ああ、楽しみにしてる。てか、ここ二階だけど、窓の外からなんか見えたりして(笑)」

K「やめろよ。眠れなくなるだろ(笑)」

と、私たちが冗談で言っている時
妹2人はキャーとかやめてーとか言いながら、毛布をかぶっていました。

 

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

こわかったです! やはり、おばあさんは何か知っていたのでしょうか?何もなくてよかったですね!

コメントありがとうございます。 幽霊さんも遊びたかったのでしょう。 心が痛いお話を投稿してしまい、申し訳ないです。

幽霊さんが話を聞いたのかな‼ 楽しそうな家族が羨ましかったんだと思います。少し可愛そうで心が痛いです。

えだまめさんの投稿(1)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード