僕には、小学校の頃とても仲良しだったA君がいました。
中学に進学するとき、運悪く違う中学校になってしまい、残念に思っていました。
しかし、彼とはメールなどでやり取りし、元気を取り戻していきました。

そんなある日、いつもなら彼がメールしてくる時間を過ぎても、メールが届いてくる気配がありません。
「どうしたのかな?疲れて寝ちゃったのかな…?」と思いながら、その日は寝ました。
しかし、次の日も、またその次の日も彼から連絡はなく、不安になっていきました。

そして、連絡が来なくなった一週間後、メールをまた待ち続けていると、「ピンポーン」とチャイム音がしました。
「もしかしてA君が無事を知らせに来てくれたのかな?笑」
とか思いながら、戸を勢いよく開けました。
しかし、そこには誰もいません。
あれっ?、と思いながら、周りを見渡しましたが、人の気配すらしません。
そんなこともあり、僕はA君の家にいくことを決心しました。

「ピンポーン」
相変わらず音割れしたA君の家のチャイム音が鳴り響いた。
「はーい」
といって出て来たのは、A君のお母さん。
「あら。珍しいわねえ。久しぶり。さあ、入って入って!」
と中へ通され、A君のことを聞きました。
すると、みるみるお母さんの顔が曇っていき、
「あの子、二週間前ぐらいに、急にいなくなっちゃったのよ…」
と言いました。
それは、ちょうど連絡が来なくなった日だったのです。

しかし、そんなことはおかまい無しに過ぎていく日々。

A君の連絡がなくなってから早2ヶ月が経とうとしていたある日。
定期テストに向けて、僕は勉強していました。
すると、下の階から上がってくる誰かがいました。
「誰ー?勉強の邪魔しないでっていったよねー?」
と大声で叫びましたが、返事はなく、足音は続いています。イライラして、階段を覗きましたが、誰もいません。
(あれ?なんだったんだろう?疲れてるのかな?)と思って、窓を閉めたら、自分の後ろにA君が写っているではありませんか!!
「A君!!どこに行ってたんだい?!」と話しながら後ろを向くと、そこには左足がなくなり、目が片方しかなく、血まみれのA君が立っていたのです。
「ヒイッ」っと尻餅をついたかと思うと、消えてしまいました。

次の日。
昨日のことが忘れられないままボケーっと朝食を食べながら、新聞を見ていました。
すると、A君が山奥で車に轢かれて亡くなったと書いてありました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(6)

不吉な話ですね

○○吉、相変わらず…

山奥になんでいたのかは親御さんはしってるのかな?

○○吉、相変わらず…

相変わらず

 実感の湧かない話ですね。メールのやり取りをしていたのがスマフォか携帯か知りませんが、それが通じなくても、A君の家に直接電話を入れる方法もあるでしょう。A君の母親も、自分の子供が行方不明になったのならげっそりしてやつれて、投稿者殿を笑顔で迎える余裕などないと思います。  最大の謎は、A君がなぜ山の中にいたのか、という事。親にも投稿者殿にも一言も言わずに、何の理由があって山に入って行ったのか? むろん、それが分からないのが怪談なのだ、とも考えられますが、投稿者殿がその点に何の疑問も持っていないらしいのがさらに不審。

かっしーさんの投稿(5)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード