ある大学の登山サークル5人が山を登っていた。

頂上まで登って、下山することになった。

ところが下山途中雪が降って前が見えなくなった。

1人が倒れてしまった。

その1人を支えながらちょうど山小屋があったので、入ることにした。

山小屋の中はとても寒く、倒れた1人はそこで死んでしまった。

残りの4人も凍え死にそうだったので、1人が提案して山小屋の四角に1人ずつ立って、右回りで壁づたいに歩き、角にいる人の肩に触る。

触られた人は、壁づたいに歩き、また角にいる人の肩に触る。
と言うことを朝まで繰り返し、朝まで死なずに済んだ。





意味がわからない人
↓↓↓






壁づたいに歩いて行くと4人目が角に着くとそこには誰もいないはず・・・
誰がいたんでしょうね・・・

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

ですね

そうだねー

使い回し辞めようよ。パ.ク.りもね。

ステッキさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード