あるところにA君という男がいた。
A君にはBという友だちがいた。

ある日、A君の目の前でB君が転んでしまったときにA君が「何やってんの」と笑った。

するとB君が「1」と言った。その顔はB君の顔ではないような恐ろしい顔だった。

このことを友だちのC君に話したところ、

「A、お前、仏の顔も3度までって知ってるか」

Cの言うことには、B君が仏の顔も3度までそのままではないかと言った。

もしそうならばA、お前の命が危ないと。

そのことを聞いて引越しをすることにした。

そして引越しをした。

それから一年、Bと一度会うことにした。

BはそれからいつものようなBに戻っていた。
、、、、、はずだった。

B君は僕の近くに来ると、「3」といい、僕の意識は永遠に失われた。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

適当な話も3度まで

かっしーさんの投稿(5)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード