私は今一人で暮らしている。
もともとは夫と暮らして居たが、海外出張で家から離れなければいけなくなったからだ。
そんなある日。
お風呂から上がった時
「ヒタ…ヒタ…」
と足音を聞いた。
時刻は11時。こんな時間に一体誰が…?
強盗か…? 嫌な考えを振り払って、足音の主を確認しに行った。
誰も、居なかった。よかった… やっぱり考えすぎだったんだ。そう思い、安心して寝た。
その日から、始まったんだ。
ある日は、部屋が荒らされていて。
また別の日には、家の鍵が1つ無くなっていて。お金も無くなっていた。
怖かった。助けが欲しかった。警察に相談しようかと思った。けど、何て言う?ただの怪奇現象なんて真面目に取り扱ってくれないだろう。助けて。助けて。
次の日。怖くてこたつで寝ていたらしい。起きると、近くに夫からの手紙が。
…!そうだ、夫は今日帰って来るんだった!夫なら、相談にものってくれる!
今までの恐怖心を忘れ、咳をし、喜びながら手紙を開けた。
開けようと、した。
あれ?
何だか、熱い。焦げ臭い。息が苦しい。
それに、何だか赤い、オレンジ色?周りの物が、燃えていく。あぁ。せめてこれだけは。夫からの手紙を、守らなければ。
手紙を握りしめ、夫を思い浮かべながら、目を閉じて眠った。手紙の内容を見ずに。

結局、手紙の内容は何だったのか。
毎日の怪奇現象は何だったのか。
火事の犯人は誰なのか。
その謎は、誰も触れることはないまま、
眠るのだ。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

よく出来ました( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!

けれ実話ですかー?

主人公です。

実話だと主人は死んでいます。 そのため、実話ではないです。

あーみさんの投稿(8)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード