この間の話です。
大学の頃の先輩に偶然会いました。
「おおっ! お久しぶりっすー!」って挨拶を交わし、2人とも暇だったのでそのまま居酒屋に行きました。

なんかすごく盛り上がってしまって、居酒屋だけじゃ物足りないと思い、
「先輩んちで飲みましょーよ!」って言ったわけですよ。
そしたら先輩が
「いいけど、俺んち、動物園みたいだぞ?」って言うけど、
全然意味分かんなかったから、
「大丈夫っすよ! 行きましょっ!先輩んちで飲み直し飲み直しましょ!」って言って、酒とつまみをしこたま買って先輩んちに行きました。

「ここだわー まあ上がれやー」
って通してもらった先輩んちは二階建ての安アパートだったけど、中は意外と整理されてて、どこが動物園やねんって思った訳ですよ。

まぁ気をとりなおして、再び、カンパーイって飲み直しました。

居酒屋でも結構飲んでたし、俺も先輩も程なく撃沈してしまいました。
缶チュウハイ2、3缶飲んだあたりで、
まぁ、あれだけ、飲んだので、出したくなるのも当たり前だけど、深夜に催してしまいました。

で、起き上がろうとすると、何か、気配がしました。
なんだかよく分かんないけど、とにかく気配がする方に、目を向けたら、

なんか生えてる。

え、なに、あれ?
来た時はあんなの気付かなかったぞ??

それで、尿意も忘れて、その天井から生えてるものをよく見てみた。

なんか黒い?

いつの間に明かり消してたのか、分からないけど、とりあえず暗闇の中では、
何故か、その天井から生えた黒いものは見える。 はっきり見える。

そしたら、その黒い何かが、だんだん長くなっている事に、気付いた。

えっ?って思ってるうちにもどんどん長く伸びてきて、

あ、これ、髪の毛だって気付いた瞬間、
生まれて初めて金縛りになった。

体も目も固まったまま、天井から伸びる、髪の毛を嫌な汗をかきながらみてた。

髪の毛に続いて、天井から出てきたのは、
額、眉毛、そして、どこも見ていない見開かれた目。

逆さまになった、女の顔。

俺は、怖くて怖くて、何度も助けを求めて、叫ぶけど、全然声が出ない。
金縛りすげーなってちょっと感心してる間にも、逆さまの女はどんどん姿を現して、
顔、首、上半身、下半身、足。

逆さまの女の全身が目の前に浮かんでる。

やばいやばいやばい
俺は必死に、逃げ出そうとしてもがいた。

ところが、女は、俺を襲うどころか、

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

おもしろい^ ^

本当に動物みたいな幽霊ですね

名主さんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード