それは、蛙とコオロギの鳴き声が響く、夏もおわりかけたある夜の日の出来事だった。

「,,,,この家だってよ。出るって有名な家」
僕とKは、その二階建ての一軒家を、周りをぐるりと囲む塀の外から眺めていた。

風は存外に冷たく、そういう季節はもう過ぎたのだと感じる。なのに、僕らはまた肝試しに来てしまっていた。

僕とKとS、いつものメンバーだ。
発案者はKだ。奴のオカルト熱は季節に関係なくいつでも夏真っ盛りらしい。

「二階あたりに女の霊が出るって噂。今はー,,,見えねぇけどな。窓に映るらしいぜ」

Kの言葉に、僕は二階の窓を懐中電灯で照らした。Sはというと、道の脇に停めた車から出てこず、運転席側の窓から、右肩と頭だけを出してつまらなそうに家を眺めていた。

「おい、S出てこいよ。何一人だけ車乗ってんだよおめーはよ。」
Kが言う。Sは大きなあくびで返す。
「さみーんだよ。それに、誰がここまでずっと運転してきたと思ってだよ。・・・俺は寝るぞ」

Sはそう言って、車の中に引っ込み窓を閉めてしまった。

 「Tシャツ一枚で来る方がわりーんだよ。」Kが、かかか、と笑う。

でも、確かに今日の夜は存外冷える。おそらく、朝から曇っていた事が原因だと思うが・・・・

お天気お姉さんは何と言っていただろうか。

そんなことを考えながら、僕はもう一度窓を見上げた。ちなみに、僕とKがいる位置とSが乗る車の間には、この家の門がある。

門は内側に開いていた。

でも、今日は不法侵入はしない。外から眺めるだけだ。理由は、ここがそういうスポットだからだ。

「噂じゃ、女。・・・というか、ここの家の娘な。事後で下半身が動かなくなったんだってよ。それから女はショックで段々頭がおかしくなって、そのせいで、両親はその女を自宅にずっと閉じ込めていたんだとよ。ビョーキ家族だな。」

隣でKが言う。いつもならここで鋭いSのツッコミが入るのだが、上がTシャツ一枚の人間にとっては、この寒さは多少分が悪い。

「で、事件は起きるわけだ。その女が夜寝ている両親の首をナイフで掻っ切って。自分も自殺したんだな。」

「・・・自殺?」
問い返しながら、僕は何だか周りがさっきよりも寒くなった気がした。背筋がぞわぞわする。

「首吊りだってよ。首吊り自殺。こう、ロープにぶら下がって、ぶらんぶらん揺れてたんだと。」

Kがべろんと舌をだし、体を揺らす。しかし、僕はその時K

この怖い話はどうでしたか?

コメント(8)

文才!!!!!

なつのさん! お久しぶりです!新作もお願いします!

面白い

楽しかったです♪ 内容(体験)もすごいですが 文章もうまいですね!

事後で下半身が動かなくなった…!?

話の流れ、情景描写、読み手の注意を集中させるような文章の書き方。今までにないリアルさに圧巻させられましたw

面白い

おぉー!読んでて面白いし怖いw

シロさんの投稿(27)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード