私の実家は、九州の田舎にあります。
中学校のころ、大会前で部活がかなり長引いて帰りが遅くなったことがありました。
街灯もそんなに多くはありませんでしたし、民家も畑や林の間にぽつぽつとあるだけで、夜になると足元も見えないぐらい真っ暗になってしまいます。
かろうじて開けた道には街灯がありましたが、その日は早めに帰りたくて近道を選びました。
そこは両脇を竹林に囲まれた狭い道で、私は地面に落ちた枯葉や木の枝を踏みながら歩きました。
私はないと思いつつも、ふと、「幽霊が出たら」「通り魔がいたら」などと考えて怖くなり、立ち止まりました。
そんなことがあるわけないんだから、怖いけれどあえて後ろを振り返って確認すれば何もいないことが分かって怖くなくなるじゃないか。
そう思ってちらっと後ろを振り返りました。
当然、幽霊なんていませんし、フードを深くかぶって手元に刃物をぎらつかせた不審者もいませんでした。
私は、ほっとしてまた歩き出しました。
ところが、足音がします。
私ははっとして後ろを振り返りましたが、やはり誰もいません。
自分の足で蹴っている葉の音を聞き間違えたのかな、と思ってまた歩き出しましたが、また音がします。
自分の歩く音とずれて、けっこうな距離をとったところで人が歩いてくる音がするのです。ただ、まっすぐな道なので誰かいれば見えるはずなのに、振り返っても誰もいません。
それに、私が足を止めている間は後ろの足音も止まるのです。私が歩き出せば、また、足音も歩き出します。
私はいよいよ本当に怖くなって、一気に林を抜けようと走り出しました。
足音は私と同じくらい、それか私よりも少し早いぐらいのスピードで後ろをついてきています。
(どうしよう追いつかれるかもしれない。追いつかれるって何に?何もいないはずなのに。どうして?)
私は疑問と恐怖で頭が混乱しながらも必死に走りました。
すると、急に視界が開け、明るいアスファルトの道に出ました。そこは家の近くの農道でした。両側を畑に囲まれてはいますが、街灯もあり家はすぐそこに見えています。
そのまま走って家の庭の前まで行くと、父が犬に餌をやっていました。汗だくで息を切らして帰ってきた私を見て、父が不思議そうな顔で声をかけてきました。
「そんなに急いでどうした」
「誰かが…」
気付けば足音は止まっていました。
私が反射的に今走ってきた道の方に目をやると、道のずっと向こう側、今抜けてきた林の入り

この怖い話はどうでしたか?

コメント

シロツメクサさんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード