今から15年ほど前の話。

息子を妊娠していた私は、主人の都合で静岡県へ引っ越しました。
アパートの裏手には、立派にそびえ立つ富士山。
景色がいいね〜と、まだ小さかった娘と主人と3人で新たな生活が始まりました。

夏が終わる頃には、無事に息子を出産し、慌ただしく過ぎる毎日。
夜は、育児の疲れからか直ぐに寝てしまうような感じでした。

ある日、いつものように夜布団へ行くと、娘と息子が並んで寝転がりながら私を待ってました。
2人のあいだに横になって、本を読んで聞かせてるうちに一緒に眠ってしまいました。
多分主人は、その後に帰ってきたんでしょうが、私を起こさず過ごしたのでしょう。

いつもは途中で目を覚ますことはないんですが、息子が何者かに狙われてる夢を見て、私は汗だくで目が覚めました。

部屋をぐるっと見渡すと、布団の1番端に主人の姿。
帰ってきたんだな、と声をかけようにも、声が出ない。



ゆすっても起きない。
助けて、と言いたくても声が出ない。

怖い。
すごく怖かったんです。

すると、耳にハッキリとゴロゴロ、と猫がノドを鳴らしてるような音が聞こえました。
その音が聞こえる方向に目をやると。

天井いっぱいに片方の目ん玉が、こちらを見てました。
白目には血管が浮き出ていて、かなりリアルな目ん玉。
私は、きっと寝ぼけてるに違いないと思い、一度目をつむり再度バッと目を開きました。
すると、黒目が左右にギョロ、ギョロ、とゆっくり動いて、バサッ バサッと瞬きをしたんです。

その時とっさに、娘があぶない!と娘に抱きつき自分の方へ寄せました。
天井の目はどんどん

血していき、今にも血が滴ってくるぐらい真っ赤になりながら、やがて消えていつもの天井の板が見えました。

私は無意識に息を止めていたのか、ものすごく息苦しかったのを覚えています。

息子がでてきた嫌な夢と、娘が目ん玉に狙われてるかのようなあの体験。

関係があるのかどうか分かりませんが、今も忘れられません。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

その物件妖怪が出る所じゃないですか?

守れてよかったですね

こ、怖いわ

まるこさんの投稿(3)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード