一人暮らし時代に、一度だけ空き巣に入られたことがある。

仕事から帰った来たら、ベランダのガラスが切られて、そこから鍵開けて入られた形跡なので即通報。

『警察が着くまでそのままで』と言われたので待ったけど、何か取られた形跡が無い感じ…?

その後、警察の立会いの下に調べたけど、現金(少しだけど)も無事だった。

ガラスが割られてるし侵入者があったのは確かなので、指紋の粉とかで検査してもらって終了。

警察の人曰わく、「入ったはいいけど、怖くなってイヤになって帰ったんじゃないかなー」とのことでした。

当時の私は人形作りの趣味が高じて副業と化していたので、それが普通だったけど、コタツの上には、制作途中のハゲで目の部分が空洞の生首。

引き出しの中には、サイズ別に並べた腕や手、硝子の目玉やマツゲがずらり。

押入には、組みかけの手足が半端な状態の人形が複数。

そして台所には、お湯パーマ(鍋に入った熱湯で茹でて髪型を定着させる)したカツラが吊ってあり、大鍋に中には、前夜に茹でたカツラがゆらゆらしていた。

空き巣だけでなく、警察の人も気味悪く思ったようだったw

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

はは

警察!

警察か!

ブースターさんの投稿(9)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード