これは私が実際に体験した話です。
駄文、誤字脱字ご容赦ください。
怖い話ではないかもしれません。

私がとある県に出張に行くことになった。
私が住んでいるところからかなり離れていて車で行くにも電車で行くにも2時間から3時間はかかる。そこで私は前日に家でお風呂に入りそのまま向かうことにした。
朝も早かったので夜の8時前には家を出た。そして車中泊するか宿を探すか考えていたのだが高速を使わないと4時間から5時間かかってしまうので高速を使うことにした。お金が足りなくなるのも嫌だし車中泊にしようと決めた。
しかし、これが間違いだった。

夜の11時には出張先付近に到着した。
運転も疲れたし早く寝たいと思った私は
とりあえず長く駐車出来るところを探していた。そして少し車を走らせると○○○海浜公園というのが目に付いた。その海浜公園を入っていくと駐車場にトラックや車が止まっていて、ああここなら止められそうだと私は思い車を止めて眠りについた。
しかし、夜中の1時過ぎ変な音が聞こえてきた。刃物とかを引きずる音って言えばいいのかな、キーキーキーってとりあえず変な音だった。私はうるさくて目を覚まし辺りを見回す。そこで私は気づいた。私が止めてる左側はトイレになっている。そのトイレの横にはお墓があった。私はまずいところに止めてしまったと思った。暗くてよく見えなかったせいもあるがほんとに寒気と鳥肌、冷や汗が酷かった。お墓に気づいてから私は目を離せず、ずっと見ていた。
音は止まらない。そして近づいているのがわかる。このままではほんとにあぶない。
音がする方に目を向けても暗くて何も見えない。どうしたらいいのかずっと考えてた。そして考えているうちに音が止み、私も眠りについてしまっていた。誰かの視線とあの音でまた目が覚めた。2時半。少ししかねれてない、仕事で居眠りしたらとんでもないと思った私は耳を塞ぎまた目を閉じた。
そして、あっという間に朝。太陽の光で目が覚めた。きっとあれは夢だったんだろうと思った私はエンジンをかけ出張先の会場に向かった。
周りは知らない人ばかり。嫌だなあと思っていたのもつかの間、お昼休憩になった。
そして隣に座っていた諏訪さん(仮名)
という方が私に話しかけてきた。
諏「あのー、はじめまして諏訪と申します。今日1日よろしくお願いします」
私「あ、はじめまして加藤(仮名)と申します。よろしくお願いします」
諏「加藤さんですね、よろ

この怖い話はどうでしたか?

コメント

匿名さんの投稿(4)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード