これは私が5年ほど前に体験した話です。

当時の私は、とある飲食店の雇われ店長をやっていました。

お店の閉店時間22時を過ぎ、全てのお客様がお帰りになられた事を確認して、アルバイトの女子大生kさんと私の二人で、クローズ作業をしています。

kさんはと言うと、おしゃべりの大好きな女性で、大学での事や彼氏の事など普段、彼女の身の周りで起こった事を事細かく、私に話し掛けてきていました。

私 「kさーん、とりあえず手を動かして片付けしよっか?」

kさん「ハ〜〜イ店長!」

私 「……………。」

彼女は明るく人当たりも良かったのですが、いかんせんおしゃべりをしだすと止まる事がありませんでした。

私は、kさんとの話しを軽く流しつつ、片付けも終わりに近づき、残すところはホールの椅子をテーブルの上に上げてモップ掛けをすれば終了です。

ホールの電気を消し、厨房の灯りだけで
二人で分担しながら掃除をしています。
ここまで来ればkさんも早く終わらせたいのでしょう。 黙々と椅子をテーブルに上げていました。

店内は椅子を上げる音とUSENの店舗用BGM(新曲の洋楽)が流れています♪

と、けたたましく店舗の電話が鳴り響きました。
トゥルルルルル…………
トゥルルルルル…………

お店の営業時間も過ぎていたのですが、
出ないわけにはいきません。丁度、電話の近くに居たkさんに、
私 「ごめん kさん電話取って!」
kさん 「mooooo!nandekonnajika....」

kさんは渋々受話器を取ろうとしています。

kさん 「えっ えっえっ…??」
私 「何? 早く取らないと切れちゃうよ」
kさん 「でも店長…」
kさんはなぜか戸惑っている様子です。

トゥルルルルル…………
トゥルルルルル…………

その間も電話は鳴り続け、私は駆け足で電話に近づき、受話器を取ろうとkさんを退かします。

電話の前に来て私は、妙な事に気付きました。ナンバーディスプレイに表示されている番号………。


この店の番号…… でした。

私 「????」

kさんと一瞬顔を合わせるも……。
kさんは困惑した様子でしたが、私は電話に出ない訳にもいかず受話器を取りました。

私 「お お電話ありgとうございます……。」

…………………………。
…………………。
……
ピィーーーーーーーーーーーーー…
私 「うわ〝っ!」
私はその時、受話器を咄

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

彼氏からkさんを寝取ったん?

丸くおさまった。

過去に何かあったのかは 私はわかりませんが、その店舗が出来るまでは入れ替わりの激しい場所であったと記憶しています。 また、その店舗で働いているスタッフさんと今も連絡を取り合っているのですが先日(おはようございます!)と耳元で幽霊さんに声を掛けられたと笑いながら話されていましたw

そこの飲食店ずっと前に何かあったんでしょうか?

ののさんの投稿(4)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード