一、Dさんにだけは変わらず声をかけてきた。

「でも、いつも同じことしか言わないんですよ。あの峠道に行こう、あの峠道に行こうってうわ言のように口ずさんでは、執拗に誘ってくるんです」

そのときのTさんの顔の肌が、まるで作り物みたいな質感に見えて気味が悪かったという。

大学を卒業してからも、そんな誘いの電話が一日に何十件とかかってきた。ノイローゼになり、着信拒否をしたり携帯番号を変えたりもしたが、何度手を尽くしたところでTさんからの電話が途絶えることはなかった。

耐え切れずに一度だけ出てみると「今からドライブしようよ」と、番号は間違いなく本人からなのに、どう聞いてもTさんとは別人の声で言われたらしい。

「きっと、あのとき一緒にいた僕の体も欲しいんでしょうね。Tさんから奪ったみたいに」

Dさんがやつれた声でそう言った直後に、テーブルに置いてあった携帯電話が突然震えた。着信相手の名前をじっと見つめるDさんの頬は、ひどく痩せこけていた。

電話はしばらく鳴り止まなかった。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

お祓い行けよ((((;゚Д゚)))))))

ホントの話なら最後はどうなったんですか?

身体取られないように お祓いしたら?

kさんの投稿(3)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード