あの携帯電話の件の夜、友人たちと近くの小さなレストランで夕食を取っていたが、もちろん話題はあの携帯電話にかかって来たもう一人の二グラちゃんの話でいっぱい。

私も最初は鳥肌を立たせながら笑ったりガクガクしたりしてみんなと話をして盛り上がっていて、正直『面白い』という気持ちも半分あったかも知れないが、やっぱり怖かった。

気味の悪い電話だったし、物理的に考えて、誰も触ってない携帯電話から電話なんてかかってこないし・・
ましてや、二グラちゃんの声でかけて来たのだから、おかしいの領域をこえてた。


今はみんな笑いながら話したり、恐怖体験談まで持ち出して夢中になって話してるけど、
もう時間はそろそろ22時になろうとしているし、みんなだって私と同じように怖いって感じてるはず。

みんな帰り道は大丈夫なのだろうか・・

きっと怖い怖い言って二グラちゃんとか私の部屋に泊まりたいとか言ってくるんだろうな。
でも無理。さっきあんな事があったんだもん、二グラちゃんを私の部屋に泊めるのは無理。

そう心の中で思っていた。



食事も済み、そろそろ帰ろうという話になった。

ゲイ君、
チャイナ君、
おデブ君、
ファニーちゃん、
の4人はここの街の住人なので寮に住んでいない。

4人はバスで帰った。
この日に限って車でいつも大学に来るチャイナ君の友人はいない。


ボインちゃんとノッポちゃんと二グラちゃんと私はというと・・・

ボインちゃん「私ちゃん大丈夫?部屋に一人?怖いんじゃ無い?」


怖いけど怖いって言ったらついて来るでしょ?
そして私の部屋で寝るでしょ?
一緒にいてほしいけど、二グラちゃんだけはぶくのもいけないし・・・


私「ううん、大丈夫。ジョナ君が私のとこに来る事になってるの。」

ボインちゃん「私ちゃんの家に泊まってくれるの?」

私「うん。」


本当はそんな約束してない。
でもごめんね、今日はもう二グラちゃんとこれ以上一緒に居たく無い・・


私はスマホでジョナ君にチャットした。
『今大学の門の前にいる。迎えに来て。』


ノッポちゃん「じゃあ、私達行くね?大丈夫?」

私「うん、全然大丈夫だよ。もう遅いし、明日も学校あるから、みんな行っても良いよ。ありがとう。」

二グラちゃん「じゃあ、先行くね。明日ね!」

私「また明日ね!おやすみ!」



ノッポちゃんと二グラちゃんとボインちゃん達が帰って行った。


この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

はい、ありがとうございます! なるべく早めに書いちゃいます!

続編の探し方がわかりませんでした…きになります。

本日ページ上側に検索窓を発見し 見つかりました。 下側の窓、なぜか出ませんでした… ありがとう御座いました。③続編も楽しみにしております。

コメントありがとうございます。同じタイトルで語尾に②と③をつけて投稿しています。

北海道のモモンガさんの投稿(16)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード