正直、ほんとにあるのかはわかりません。このような場に遭遇した時は気をつけてください。


左前に人が2人、右前に人が1人、

左前の人が、何か鏡、反射するものを見ている。

右前の人が落ち着いた雰囲気でこちらの後ろを見ている。

自分「なんか雰囲気変じゃない?」

右前の人「・・・」

自分「ねぇ、雰囲気変なのわかるよね?」

右前の人「あっ。うん。」

ここで、右前の人は自分の後ろにいる何かに気づきます。

ゲームスタートです。ここからはちあきと言う単語を言ってはいけません。

ここで、感情が高ぶったりしてしまうと、自分の意志とは反対にちあきと言ってしまうのでご注意。

で、この解決方法は「ちあき」と自分が言ってしまう前に何か反射するもので自分の後ろにいるナニカを見ることです。

多分、そうすれば大丈夫だと思われます。

もし、ちあきと言ってしまったら、
右前の人がものすごく青白い顔で迫って来て耳元で

「後ろに女子高校生がいる時にちあきって言ったら」

と囁きます。ゲームオーバーです。

これは最近よく見る夢です。このような体験をしたら気をつけてください。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(5)

凄く怖いです!俺も気をつけます!

微妙、稚拙、

????????

⁇?⁇??

home deliveryさんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード