僕がまだ幼かったころの話です。

僕の家は、田舎にありました。
家の近くには、墓地がありました。

ある雨がしとしと降る日のことです。
僕の家の墓はそこにあったので行くことにしました。

墓掃除をして帰ろうとしたら、上のほうから、「助けて」という、微かな声を聴きました。

そちらを見たら、なんと、大きな女の怨霊が待ち構えていました。

捕まった僕は、必死にもがきました。

でも、暗闇に引きずり込まれました。

僕は気絶していたようで、気付いたら家のベットに横たわっていました。
もう二度とあの墓掃除には行きたくないです。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

オー

ご先祖様に助けてもらったかもね

ゆーれーさんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード