いやばい!!と思った瞬間クローゼットがガラガラと勝手に開きました。
見てみると赤いちゃんちゃんこを着た細くてきれいな手だけが伸びてきたんです。
近づいてきてパニックになったときふと気づいたら顔の横に正座をした半分白髪のひとつ結びをしているおばあさんがいたんです。
顔はぐしゃぐしゃでよく分かりません。
「ゔぁぉ、ゔぉ、ゔぉぅあおゔぉゔぉゔ

と私の肩に手を置きながら顔だけ近づいてきました。
顔と私の顔がひっつく瞬間に金縛りがとけてそのおばあさんもいなくなりました。

リビングにいた母に電話して部屋まで来てもらい、走って逃げました。

その女性はそのときから出てきてませんが、なんだったんでしょう。
長年ついてきててもう嫌だったんで出てこなくなってよかったです。
長文失礼いたしました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

精神病状態による幻覚、妄想 → 抗精神病薬の作用 精神科治療の経過にはよくある話

これほど真実性のある話を聞いたの初めてです!

自分から母ちゃん呼び出しといて来た途端、自分だけ走って逃げたんかいw

ぼてぼてさんの投稿(4)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード