【事件概要】

 1988年3月18日、名古屋市中川区の住宅街のマンションで、この家の主婦・X子さん(27歳)が殺害されているのが見つかった。X子さんは出産予定日も過ぎていた臨月だったが、その腹は無惨に切り裂かれ、赤ちゃんが取り出されており、中にはなぜか電話機と車のキーが入れられていた。未解決の猟奇事件として知られる。


―――――――――


【逢う魔が時】

 1988年3月18日午後6時50分頃、名古屋市中川区富田町の会社員Yさん(当時31歳)は仕事を終えると会社から自宅に電話をかけた。妻のX子さん(27歳)が妊娠中で、しかも出産予定日の13日を過ぎていたため心配になったからである。ところが何度ベルを鳴らしても妻は出ない。この日の午後1時10分頃にも1度電話を入れているが、この時は元気に出ていた。
 心配になったYさんは急いで自宅に戻った。名古屋駅から近鉄線に乗って「戸田駅」下車5分、かかった時間は合わせて30分ほどだろうか。

 午後7時40分頃、新興住宅地にあるマンション2階の自宅に帰宅すると、不審な点があった。いつもは施錠してある玄関のドアがなぜか開いていたのである。
 部屋の中は真っ暗で、妻の姿は見えなかった。
 着替えをしていると、子どもの泣き声がする。
 「気のせいか」と思いつつYさんが居間に入ると、青いマタニティドレス着て、ピンク色のジャンパーを羽織ったX子さんが仰向けで倒れていた。その足の間で生まれたばかりの赤ん坊が泣いていたのである。
 当初、Yさんは妻が自力で出産したのかと錯覚したが、すぐに妻が両手を後ろ手に縛られており、首にはコタツのコードが巻かれ、辺りには血だまりができているのに気づいた。X子さんの意識はすでになく、呼吸もしていなかった。

 Yさんは慌てて、119番通報しようとしたが、電話がいつもある場所から消えていた。コードが引きちぎられていたのだ。仕方なく、階下の部屋に電話を借りて通報した。

 部屋に戻ったYさんは赤ん坊の体を拭いていたが、妻の腹部に異変があるのに気づいた。やけにゴツゴツしていたのだ。
 よく見ると、腹部が切り裂かれており、中にはミッキーマウスのキーホルダーがついた車のキー、紛失していたプッシュホン式の電話機が詰めこまれていた。
 それは、幸せな家庭を築いていたYさんにとって、あまりにも残酷な光景だった。


【幸運にも救われた命】

 赤ん坊は犯人が取り出

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

見るに耐えない。

許せない話ですね。

でんがなまんがなさんの投稿(69)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード