62 :本当にあった怖い名無し:2009/08/07(金) 08:34:21 ID:qWLsRePB0
以前人の背中から木が生えるのが見える人の話を書いたものです。
未だ原因も不明で、その後の話を書くつもりも無かったのですが、
先週の土曜日にとある事件が起き、それが以前の話と関係していそうなため、
なんら進展はありませんが、またここに書こうと思います。
今回の話は、例の木の見える彼女と、その友達が出てきますが、
便宜上、木の見える方をA美、その友達をT子とします。

その日の夜、俺は前々日にあった実験のレポートがひと段落したため、
そろそろ晩飯でも買いに行こうかと準備をしていると、携帯にT子から電話があった。
T子から電話とは珍しいな、と思いつつ電話に出ると、彼女はかなり慌てた様子で俺に、
『○○(俺の名前)って、前の話本気で信じてる?そこをまず確認したい』と唐突に言ってきた。
俺は意味が解らず、「前の話?」と聞き返すと、
T子は『A美の木の見えるって話!覚えてない?』と言って来た。
俺はそこで、「ああ、あれか」と思い出し、
「そりゃ信じるも何も、あれだけの証拠見せられたら信じるしかないだろ。
 それより何かあったのか?」と聞くと、
唐突にT子は、
『わかった、ちゃんと信じてるんだね?じゃあ今すぐ私の家に来て、ちょっとやばい事起きてるから…』
と言い出した。
何がなんだか解らず、「別にいいけど、そもそも俺、お前の家知らないんだけど」と言うと、
T子は「じゃあ○○駅の近くにあるファミマで待ってるから』というと、一方的に電話を切ってしまった。
○○駅は、俺の住んでいる場所から結構遠い。
3駅先で乗り換え、更に4駅先なので、めんどくせーと思いながら準備をして電車に乗った。
その時は俺は、この出来事をかなり軽く考えていた。


1時間ほどで、T子が指定した駅に着いた。
初めて降りる駅だったので土地勘が無く、ファミマを探すのに苦労するかな?と考えていたが、
ファミマはすぐに見付かった。
店の前まで行くと、T子の横にA美がしゃがみこんでおり、どうやら泣いているらしい。
T子も真っ青な顔をしている。
事態が全く飲み込めない俺だったが、それでも状況が結構深刻なことだけは2人の雰囲気から何となく解り、
話の出来そうに無いA美ではなく、T子に「で、何があったんだよ」と聞いてみた。


463 :本当にあっ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

この話この先も気になります。

でんがなまんがなさんの投稿(69)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード