近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、金を払おうとしたら、店主がいらないと言うんだ。

「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、折詰を二つくれた。

俺は何と言っていいかわかんなかったけど「とても残念です。おみやげ、ありがたく頂戴します。お疲れさまでした」と挨拶して店を出たんだ。

折詰の中を見たら、餃子やら春巻やら唐揚げやらが、みっしりと詰まってる。ちょっと一人じゃ食べきれないボリューム。

面白い体験だな。得しちゃったな。と、楽しくなってさ。
友人に電話して、経緯を話してから
「今、俺んとこに来たら、中華オードブルがたらふく食えるぜ」と誘ったんだよ。

すると、友人は変な事を言うんだ。
「その折詰めの中身、食ったのか?」
「食ってないよ」
「いいか、絶対食うな。
それから、絶対アパートに戻るな。
そうだな、駅前のコンビニに行け。
 車で迎えに行ってやるから」
「どういう事か全然わかんないんだけど」
「説明は後だ。
人のいるところが安全だ。
コンビニに着いたら電話くれ」

とにかく俺はコンビニに向かったよ。で、友人に電話した。
「着いたよ」
「こっちももうすぐ着く。
誰かに後を付けられたりしてないか」
「えーと、お前大丈夫か?」
「それはこっちの台詞だな」

それから、友人と連絡が取れなくなった。携帯がつながらない。
小一時間、コンビニで待ってたけど、友人は現れない。

絶対アパートに戻るな、と言われたのが、何故か頭に残ってたから
ネットカフェで朝まで過ごして、始発で実家に帰った。
今も実家でゴロゴロしてる。

他の友人に尋ねても、そいつとは連絡が取れないそうだ。
そろそろ学校も始まるし、友人の消息も気になる。
折詰はコンビニのゴミ箱に捨てた。

―――――――――――――――――――

【三週間後の書き込み】

以前、中華屋で折詰めを貰ったものです。

九月も中頃を過ぎて、さすがに実家に居づらくなったので アパートに戻ってみた。

晩飯にコンビニ弁当を食っていると、お隣の人が来たんだ。
ちょっといいかな、って感じで。
「もう、大丈夫なのか?」って聞かれたんで、すごくびっくりした。
え?なんで知ってんの?

でも、お隣の人が続けた話にもっとびっくりした。
「夜中にガラの悪い男が、あんたの部屋のドアやら壁や

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

(・◇・)中華屋さんがヤ〇ザ? 前になにかで読んだ気がする。 折詰を食べるか持ち帰ると借金取りみたいのが来て捕まると内臓売られる 都市伝説みたいな話…

酷いとばっちりですね。私も気をつけます。

これは一体どーゆー意味?

でんがなまんがなさんの投稿(69)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード