自分の記憶と兄から聞いた話、それに友達からの情報、
それらを元にした話なので、真実とは言い切れないが…。

始まりは、俺が小学校低学年の頃まで遡る
当時、神戸市垂水区にあった(今も在るかはわからない)
公務員宿舎に、俺の家族は住んでいた

外観は古いタイプの団地という感じで、全部で十棟くらいあったと思う
一つの棟には三つ階段があって 五階建て。
うちは五号棟の真ん中の階段の五階だった

話の中心となる家族が住んでいたのは、
向かって右側の階段の四階、号室までは覚えていない。

そこは両親と一人っ子の長男の三人家族
父親は公務員で母親は専業主婦、長男は浪人生
この母親と長男の関係が、最初の悲劇を生んだ。

母親はかなりの教育ママで、自分の息子には
自分が望む志望大学に入学してもらいたかったらしく
半ば強制的に息子に勉強をさせていた。

何度目かの受験失敗の後、浪人生の長男は
母親からのプレッシャーと受験失敗を苦にして、
団地の四階、勉強部屋の窓から飛び降りて自殺した
結構大きな騒ぎになったらしいが、俺はあまり覚えていない。

教育バカママはその一件にショックを受け、
精神的に追いつめられておかしくなってしまった

夜中に突然散歩に出かけたり、外で会った人に
「あなたの後ろに羽の生えた人が見える」なんて言ったり、
団地の住人達にかなりの恐怖を与えていた。

実際にウチの兄貴は、そのバカママ改め
ピチガイオカンに訳のわからないことを言われたらしい

他にも聞いた話では、死んだ息子の部屋の窓を必ず開放していて、
「閉めると息子が帰ってこれなくなる」なんて言っていたとか。

だんだん症状は酷くなって行き
部屋中に何処からか持ってきたお札を張りまくって、
「あいつらが、息子が帰ってくるのを邪魔している」と
夜中にわめき散らしたり、 寝巻きのまま外に出たり、
相変わらずの「あなたの後ろに羽の生えた人が見える」発言など。
この辺りの事は俺も当時、団地で話題になったのを覚えている

それで旦那が困り果てて、色んな人
(カウンセラーから宗教関係者、心霊系まで)に
相談したものの、 良い結果は得られなかった。

偶然にもその家族の向かいには、某宗教団体に属する家族が住んでいた

ある日、相談を受けた そこの父親がピチガイオカンを訪問して
彼女の前でお祈りをすると、 急にピチガイオカンの声色が変わって
その父親を罵っ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

コピペは たいがい知ってる

でんがなまんがなさんの投稿(69)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード