『猿夢』と言う話をご存知だろうか?

とある電車に乗り合わせた人が、独特の方法で順番に殺されていくと言う物だ。

さて、この『猿夢』だが、
このテの話に多い『読んだ人にも災難が降り掛かります』的なコメントもなく始められていて、
文章も読み易く、僕はページを開くなりサクサク読み進めていった。

しかし、それが間違いだったのかも知れない。

この話を読んでから4日目の晩、僕は『続き』とも言える恐ろしい夢を見たのである。

二番煎じは一番を超える事は出来ない。

それは重々承知だが、僕の見た夢をここに書き留めておきたい。

夢の中で、僕は名古屋市内のとある遊園地のスロー・コースターに乗っていた。

今はもうなくなっているだろうか?

それは子供向けのアトラクションで、園内の一部をゆっくりと回って来る。

幼い頃の事なので細かい事は良く覚えていないが、大体3~5分の内容ではなかっただろうか。

降り場の手前に小さなトンネルがあって、そこを抜けるとビデオカメラを構えた父。

その隣には僕らの名前を呼びながら手を振る母の笑顔があった。

これは父からの虐待が始まる前の、最も幸せだった頃の大切な思い出だ。

夢の中で、僕は2人掛けの一番前の席に座っていた。

隣には幼かった頃の姉がいる。

あの頃僕は姉を見上げてはしゃいでいたのに、この夢の中では僕だけ20歳。

この年齢差では年の離れた兄妹どころか、下手をすると親子のようだ。

しかし僕は懐かしいあの頃の夢を楽しむ事にした。

僕らの乗ったコースターはゆっくりとコースを回り、やがてトンネルに差し掛かった。

「このトンネルを抜ければ、優しかった父にもう1度会える。」

僕はそう思った。

しかしトンネルを抜けると、そこはあの遊園地ではなかった。

今まで僕が乗っていたコースターは電車に変わり、
僕は『5号車の自由席』に乗っていた。

隣にいたはずの幼い姉はもういない。

席は前の方で、喫煙車両である4号車とを繋ぐデッキのドアが開くと煙草の匂いがした。

僕は新幹線で移動する事が良くあるので、夢がそこに繋がってしまったのだろう。

全く、夢はいつも『いいトコ』を見せてくれない。

僕は舌打ちした。

窓の外を見慣れた景色が過ぎていく。

ただ現実と違うのは、車内があまりにも静か過ぎる事。

そして2人掛けと3人掛け、左右どちらのシートを見てもどの列にも窓際に1人ずつしか掛けてい

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

インスパイアされててすごい!

でんがなまんがなさんの投稿(69)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード