これは昔のお話。
そのまちには大きなお墓があったそうだ。そしてそのお墓に、夜になると化け物が出るというウワサがあり、だれも近づこうとはしなかった。
「化け物なんているものか!ほんとうに出るのか、オレがたしかめてやろう」
まちでも怖いもの知らずな八兵衛は、みんなが止めるのを聞かずに、夜になるとそのお墓に行ってしまった。

お墓はまっ暗で、ちょうちんの光がてらすところしか見えない。しかしうわさに聞くような化け物は出てこず、八兵衛はまったく怖くなかった。

「ふん、やっぱりだだのウワサだったな。みんな怖がりだから、夜のお墓が怖いだけだったんだろう。」

みんなが来れない夜のお墓にきた八兵衛は、まちに帰ったらみんなに自慢してやろうと思っていた。
そろそろ帰ろうかと思って八兵衛が引き返そうとすると、なにやら後ろでガサガサ音がしはじめた。

「なんだ、犬でもいるのか」

八兵衛がちょうちんをむけると、そこには…
顔には黒い目玉が3つあり、口は耳まで裂けてするどい牙が出ている。背はいままで見たどんな男よりも大きく、全身に毛が生えた化け物がいた。

「で、でたぁ~化け物だぁ~!!」

八兵衛は急いで逃げ出し、近くにあったお寺へと逃げ込んだ!

その寺には、ちょうどお坊さんがいた。
「た、助けてくれ~!化け物がでた~!」
あわてて走ってくる八兵衛をみて、これはただ事ではないと感じたお坊さんは
「これは大変だ!急いでこの箱の中へ隠れていなさい!」
と言って、お寺にあった人が入れる大きさの箱に八兵衛を隠し、目をつぶってお経を唱え始めた。

しばらくするとお寺の扉がガタガタ音をたたて、化け物がやってきた。
お坊さんはひたすらお経を唱えて、怖くて目も開けられずにいた。

「クンクン、クンクン」
どうやら臭いをかいで、お寺の中を探してるようだ。すると今度は
「ガタガタ、バキバキッ…」
と、何かが壊れる音がしはじめた。
そしてまたしばらくすると
「クチャクチャ…ポリポリ…」
何かを食べているような音が聞こえてきた。

お坊さんは怖くて逃げだしたい気持ちを我慢しながら、ひたすらお経を唱えていた。
「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏…」

どのくらいたっただろうか…。いつの間にか化け物の気配は消えていた。
「八兵衛、大丈夫か?!化け物はいなくなったぞ!」
お坊さんは急いで八兵衛を隠した箱に近づき、中を開けてみた。

「ひぃぁ~~!!!」

箱の中に入って

この怖い話はどうでしたか?

コメント

GOTさんの投稿(6)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード