それは三年前。私は、家のすぐそばにある公園でお祭りが毎年開催されていた。

チケットを買うために4:30分〜5:30までずっと並んでいた。
その間友達のRちゃんと走ったり虫を探したりしていた。

やっとチケットが取れたので母に「戻ってきなさい」と言われたので一緒にご飯を食べていた。
その後に他の友達も合流したので盛り上がり、隣の公園でお父さんたちと遊んできなと言われ、遊んだら、Rちゃんが「あそこに男の子が座ってる」と言い出しみんな「嘘でしょ?もう怖いw」とか言いながら笑っていた。
今思えば呪怨の男の子に似ている。
その後他の友達もやっぱり座ってるとか言っていた。

私だけ見えなかったので、不安だった。
15分後やっとその男の子が見えた。
私が「なんていうなまえ?」と聞いたら無視されCちゃんが「何歳?」と聞いても答えず無視されていた。
もうお祭りのちょうちんの電気が消え、家に帰ろうと思い、家に帰ったら、Rちゃんの妹の部屋の電気が付いていたらしく怖くなり電話していた。
なんやらかんやらあって、二週間後Rちゃんの妹が幼稚園にいた○○くんに似てると言い幼稚園の先生にRちゃんの母が○○くんっていましたか?と聞いたら、あの残念ですが、二週間前に亡くなりました。と言われブランコで思いっきり頭をぶつけ亡くなったということです。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

一緒に祭りを楽しみたかったのかな?

桜さんの投稿(1)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード