母親が昔 狐に憑かれました。
普段はうつらうつらしていて、
物音に敏感。
電話なんて鳴ろうものなら、
けたたましい声で、
うぉうぉおおぉおぉおーって叫んだ。
子供ながらにヤバイのわかった。

ふとした瞬間、意識が戻るのでしょう。
母親は、

「ごめんね、ごめんね、お母さん頑張って治すから」

「ごめんね、ごめんね」

って言って、また獣に戻る。

父が母を連れて、お祓いにいった。
俗に言う霊媒師の元へ。

帰ってきた母。
まるで変わってない。
憔悴しきって、意識は少し取り戻したのか、

「ごめんね、ごめんね」

を繰り返してた。

その霊媒師は偽物では無いにせよ、霊的な力は弱かったみたいで、良い兆しは見えなかった。

それから両親は2週間ほど、僕の前からいなくなった。
父は母さんを助けてくるとだけ告げて。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

実話❓ですか? 狐の憑依は動物的だけど、こんな優しくないです

そうさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード