これもまた社宅での話。

最近悪夢をみると同部屋の先輩がいいました。
私は何度か寝ながら苦しそうにしている先輩をみたことあったので今度から気がついたら出来るだけ起こしてあげようと思いました。

夜になり2人とも寝静まった後に「うーうー」何かの音で目が覚めました。
横をみると先輩がうなっています。
これが言ってた悪夢かと思いながら「先輩!起きて下さい!」と声をかけるが反応がありません。
「先輩?大丈夫ですか?」と今度は肩を叩いてみますがやはり反応がありません。
しかもさっきまで苦しそうに呻いてたのにそれすらなくなってしまいました。
私はこれはおかしいと電気をつけました。
「え!?先輩!?」
そこには布団で目を見開き瞬きもせずに転がってる先輩がいました。
なぜこうなったかわからずパニックになるも救急車を呼ぶべきか悩んだのですが、最近の不思議体験からなんか違う無理にでも起こした方が良さそうだと考えました。
寝ている先輩の両肩をもち前後左右に揺さぶり先輩を起こします。
「大丈夫ですか?起きて!!!」
しばらくすると突然起きて上半身を起こしむせはじめる先輩。
「大丈夫ですか?ずっと起こしてるのに起きてくれなくて心配しましたよ。」と声をかけていると落ち着いた先輩が「知ってる」と一言。
目が開いてたから実は見えてたのかなと驚いていると「ずっとお前がうちを起こしてくれてるのが見えてた。たぶん上だ」と言い出しました。
先輩曰く私と自分の姿が下に見えて、私が必死に起こしてるので起きなきゃと思っても起きれず、下の自分の身体の方にも進めずわけがわからなくなっていたと。
そして身体に戻れた瞬間、苦しくなりむせてしまったらしい。

幽体離脱てやつですね、、
先輩が目開いたまま動かないときは正直死んでしまったんじゃないかと焦りました。
無事戻ってきてくれて良かったです。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

しろさんの投稿(10)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード