怖いというか不思議だった話です。

私が通っていた高校では毎年マラソン大会があり全校生徒が参加します。

3年生の時、忌引で私はマラソン大会に参加できませんでした。

数日後に、生徒の記録がそれぞれのクラスに掲示されることになっています。
もちろん、参加しなかった私の記録の欄だけは空欄です。
そこまでは普通なのですが、その掲示物を見たクラスメイトたちが変なことを言い出しました。

1人の友達が

「これおかしい、なんで空欄なん?」

と言い出し

「なに言うてんだや、私休んだじゃん」と言うと

クラスメイトが次々に、当日の会場で私に会ったと言うのです。
中には、私と会話したという子も数人。

でも忌引なんだから、その場にいたはずがないよね。ということで収まったのですが、未だに私たちの間では謎です。

あの日、クラスメイトたちが会ったという【私】は、誰だったのでしょうか。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

ドッペルゲンガー!?ヒエ〜ッwwwwwwwww

もしその人がもう一人の自分に会っていたら死んでいたかも知れないな

ドッペルゲンガーですよね。 よほど走りたかったんですね

なななさんの投稿(1)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード