これ、 私の、 三重県にいる知人なんですが、 この人が面白い話を、 聞かせてくれたんです。
その話って言うのは、 この人の会社の同僚のふたりが、 岐阜の方へ仕事に行った。 そこで、 仕事がはかどっちゃって、 わりと早く終わっちゃった。
さて、 帰ろうってなったんですが、 翌日は会社が休み。 で、 ふたりとも独身なもんで、
「おい、 折角ここまで来たんだから、 どこか泊まっていこうか」
「それもいいな」
って話になった。
で、 旅館に行ったわけだ。
その旅館が、 シーズンオフって言うん ですかね、 他に客がいない。
これはしめたもんだ、 ってなってね、 ふたりでのんびり風呂につかって、 上がって来る頃には、 今度は、 座敷でもって夕食ですよ。
夕食を食べながら、
「それにしても、 ずいぶん静かだなぁ…」
ってなった。
人間て、 勝手なんですよね。 混んでりゃ、 混んでるでもって、
『やだな、 やかましいなぁ、 落ち着かないなぁ』
ってなるんですが、 いなきゃいないで、 なんだか寂しくなる。
ふたりも、 ちびちび飲みながら、
「やだなぁ、 静かすぎて…。 今夜あたりでるんじゃないかなぁ…」
なんて、 冗談で言ってた。
そこへ仲居さんが来たんで、 からかい半分にね、
「お姉さん、 お姉さん。 このあたりでさ、 なにか心霊関係のさ、 そういう場所があったりとか、 なにか不思議な事があったりとかさ、 恐い話なんてないの?」
って聞いたんですよ。
と、 この仲居さんが真剣な顔で、
「さあ、 私にはわからないんですけどねぇ、 番頭さんでしたらね、 そういう事、 詳しいんでお呼びしましょうか?」
って言うんで、
「あ、 いいの、 いいの」
って言ったんです。
で、 夕食もすんで、 ふたりはくつろいでた。 と、
「ごめんください」
って声がしたんで、
「はい」
って言うと、 ツーッと襖が開いて
「本日はお泊まり、 ありがとうございます」
って番頭さんがやって来た。
「なにか、 心霊がらみのお話と言う事でしたが…」
って言うんで、 ふたりは、
「あ、あれは、あのー冗談ですから」
って言ったら、 番頭さん、 真剣な顔して、
「ああ、 そうですか…。 いや、 実はですね、 も

この怖い話はどうでしたか?

コメント(7)

読んだことある 稲川さんの話しか

まじおもろ まじで稲川淳二w

稲川じゆんじ、生でみたいな

あ、やっぱり稲川淳二か

あなた本物の稲川淳二さんですか?

え?確かお酒自分で飲んでましたよね?確か12時前に一人でお酒飲んでたって、もしかして、時間が入れ替わったんじゃ?ないんですかね?

おもしろい

稲川淳二さんの投稿(1)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード