ようくりげっきょはまからうん。という言葉をご存知ですか?
恐らく知らないでしょう。これは恐山に伝わる、呪いを「抜く」為の言葉です。

イタコ達は降霊と呼ばれる儀式を行い、霊界からのメッセージを現世の
人に伝えます。ですが、当然お分かりでしょうが、9割以上がインチキです。
昔は組織的な連携と掟がありましたが、長を世襲していた名代が根絶
してからは無法地帯となり、怪しげな宗教や、インチキ占い師の行きつく
場所となってしまいました。ですが、依然として他に身の置き所がない
本当の霊能力者達や、自分自身の力を生かさんが為、または、、
悪影響をおよばさないため山に篭る人たちは多くはありませんが5年に
1人くらいの割合で今だにいらっしゃいます。

この話は聞かれる方も、当然強くなければ、何かしらの悪影響がでるかも
しれません。興味本位や、霊感が強いもしくは自意識過剰な方も読むのは
お控え下さい。

これはあるいたこの告白であると同じに私の懺悔です。
読む前に口になさって下さい。
背筋を伸ばして座禅か楽な姿勢をとり、手を合わせ半眼の状態になる。
目線は自分の前2メートルほど先の地面。
「ようくりげっきょはまからうん」

夏でした。暑い日でした。
私は山篭りしてますけ、頼るものおらん。
子供のころっけ、家さいたら、父と母と姉のほかに一緒に飯くうさる者がおる。
わしはその黒い人が一緒になって飯くうとる姿をじーとみとった。
父ははまがさりじゃきゅーて、飯そそのかしとるわしを手のばしてたたきおった。
しから、黒い人が手ばのばしけ、父の首を触った。父は昏倒して十日ばかり目覚めンかったよ。
黒い影をようみたら二つの目があるけ、よーく見たら、その目が苦しそうな顔じゃった。丸い白い顔がおびえたようにワシをみとった。
遠目にはそれが白い小さな目のように暗い顔に二つならんどる。
そんなものがよく見えるようになった。小学校さばいくとさ、友達の頭が二つある。
ひとつはわろーとるがしゃ、もうひとつの顔が横にずれてはみ出して死にそうな顔しとるけ。
こりゃあかんーいうてそのこつれて衛生室へつれていきました。
先生に叱られてばかりじゃった。。。。。。。。

しばらくぶりに学校いくとその子がおらん、病院へいきました。
そこではそのこが辛そうにおるけん、泣いてみちゅうが、はみ出したもう一つの顔はもう死んどったけんが

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

方言がきつい

誰か翻訳しといて。 読むのだるくなるw

くろさきしたいたくはいびん 漫画おすすめ

無さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード