※自己責任でお読みください。責任は一切負いません。(聞くと呪われる系の話)

もう、20年も前に聞いた話になるだろうか。有名な話なのでオッサンは知ってる人多いのでは?

とある、結婚を控えた男女が居た。その男女は、女性の田舎に挨拶に帰るため
夜中、車を走らせていた。夜中の山道、真っ暗で見通しも悪い。男性の運転する
車は、事故を起こしてしまい、男性は胸を強打して、即死。助手席の女性もフロントガラスを
突き破り、外に放り出されて、即死であった。夜中、警察が来て事故見聞が行われが不思議な
事が起こった。車外に放り出された女性の首から上だけがどうしても見あたらない。明るくなって
探してみたが、どうしても見あたらなかった。警察も仕方が無く、首のない遺体を病院に運び、
やがて、女性の遺体は実家に帰った。

もともと、身よりの少ない女性の実家、葬式はひっそり親族と親しいもの、数名だけで行われた。
一通りの葬式が終わり、葬式に出席した皆は、その日、女性の実家に泊まって帰ることとなった。
その晩、奇妙な事が起こった。葬式に出たとある人が奇妙な夢を見たのだ。

その夢とは、真っ暗な闇の中に針粒ほどの光があらわれ、だんだん大きくなっていく。
そして、目の前で、亡くなった女性の首から上の顔になり、何か必死で訴えかけるのだ。
夢の中で、女性が言ってる事はわからず、目の前に首から上だけの女性が必死で
何か言ってるそうだ。

次の日、その人は、あまり気分のいい話ではないので、黙って、喪主に挨拶し、帰路についた。
その日から、その人は毎日、同じ夢を見るようになった。日を追う毎に、女性の顔必死になって
何かうったえかけてくる。あまりに、毎日同じ夢を見るので、ついに、男性は亡くなった女性の
ご両親に相談した。

ご両親から返ってきた答えは、以外であった。実は自分たちも同じ夢を見続けている。
いや、あの葬式に出た人全て同じ夢になやまされてるのだと。でも、誰一人、女性が
言ってる言葉の聞き取れるものは居ない。

困り果てた両親は、ある、高名なお坊様に相談してみた。お坊様が言うには、
これから先、首のつく箇所(首、両手首、両足首)に数珠を巻いてしばらくは
寝なさい。そして、その夢を見たら、夢の中で女性が言ってる言葉を、唱えなさい。
そうすれば、夢は見なくなるでしょう。夢の中で言ってることがわからない皆が困ってると
お坊さんが内容を教えてくれました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

乳首

俺見ちゃったどうしよう?

そう、最近は、頭にターバン巻いて白装束着てるおじさんが、 俺の耳もとで、ずっとお経を、唱えてる 霊的なものなら、採って欲しいものだ。

無さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード