あれは小学6年の夏休みの事でした
友人のHとTが角田の森で遊んでいた時、Hが奥の廃屋へ行ってみようと言い出したそうです
当時、私達は角田の森でよく遊んでいましたが、それは道路に面した崖の様に反り立った部分から飛び降りたり、木のツルにぶら下がってターザンの真似事をしたりといったもので、森の中へ入る事はありませんでした
もちろん廃屋があることは知っていましたし、一部の怖いもの知らずの先輩や同学年の子がその廃屋に忍び込んで何かを見たという噂も聞いてはいましたが
まだ日の高い日中でしたが、Tはどちらかというと臆病な性格だったので「やめたほうがいい」とHに言ったそうですが聞き入れず、結局Hが一人で廃屋に行き、Tは森の崖の上で待つ事になりました
Hが森の奥に消えてから数分が経った頃でしょうか、突然「うわぁぁぁぁぁ!」という叫び声とともに物凄い形相のHが森の奥から飛び出してきたのです
ただならぬ雰囲気を察したTはHの先に立って一目散に逃げ出し、二人は死に物狂いで走って近くの寺の境内に駆け込みました
息を切らせながらTがHの顔を見ると、その顔は青ざめ、目はうつろでした
ただ左の頬だけが赤く染まっていたそうです
何も話さないHを心配し、Tは自分の家へHを連れて行きました
ようやく落ち着いてきたHは、廃屋で何があったのかを語り始めました

Hは森の中に入り廃屋の前へと出ました
その廃屋は、壁はボロボロで窓は割れ、もう何十年も人の手が入っていない感じでした
Hはその異様な雰囲気にたじろぎながらも、勇気を振り絞って引き戸に手を掛けたそうです
その時、廃屋の脇から70歳位の婆さんが突然飛び出てきて、Hの手首を掴みました
あまりの事に声も出ないHが立ち尽くしていると、さらに同じ歳位の爺さんが廃屋の脇から出てきて絞り出すような声でこう言ったそうです
「坊主、ここで何やってるんだ」
その爺さんの手には包丁が握られていました
「すいません、すいません」とHはひたすら謝ったそうですが、婆さんは物凄い力で握った手首を放さず、爺さんはHの前に回りこんで、顔を覗き込んできました
そして、突然Hの頬を力まかせに平手打ちしたそうです
その瞬間Hは目が覚めたように婆さんの手を力一杯振りほどいて、Tの待つ森の入り口へ駆け出したのです

翌日私は学校のプール教室で、仲の良かった四人組のもう一人Yとともに、二人からその話を聞きました
Hの話によれば、あれは幽霊などで

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

角田が「かどた、すみだ、かくた」かと思いきや「つのだ」だったほうが驚きw

どういうこと?

何年もたって祟りで死んだって事?無理矢理すぎじゃね

どゆこと?

無さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード