彼女が俺の家までやって来ました。
黒い服とかじゃなく普通の格好で、好きな車や映画のことをペラペラと良く喋る女でした。
なんだか思っていたイメージと違ったので、俺も割と軽いノリで小屋の話をしました。

「…その話、やっぱり人にはしない方が良いよ。」
話し終わった後で、その女は言いました。声のトーンが変わっています。
「1回聞いただけでも、ものすごく古い感じが伝わってくる。こういうのは、本気で危ないから。」
しばらくして彼女と連絡が取れなくなりました。携帯に掛けても出ないし、メールも来なくなりました。
常連だったチャットからも姿を消し、運営していたHPも更新されないまま消えてしまいました。
それ以来、誰にもこの話はしていません。

でも、4月の半ばぐらいから手の方に痛みが拡がってきました。
もう動かなくなるかも知れないので、記録として書き留めておこうと思ったのです。
間をあけて書いたので、文章として上手く繋がってないかもしれませんが、その辺は勘弁してください。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(6)

これは幽霊と謂うよりは、呪いの様な気がする。結界(建物)の中に入ったのが不味かったと思う。布切れ千切らなければ良かったね。そしたら結果はまだマシだったと思う

なんだか凄い。現実に幽霊のせいでそんな風に死んじゃう事とかあるのかな。。?てか実話なら凄く怖い。読まなきゃ良かった。。話だけなのに凄く嫌な感じがする。今怖い。。。

知ってるけど 読んでしまった

短編じゃねーし。名前出すなし笑

え、… 怖っ!

ツイキャスの、渋澤服部義(しぶさわ、はっとりただし) EXILEよりと言うより 昔の渡部さんに、にてる( -_・)?んだけど

無さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード