初投稿です。

以前友人から聞いた体験談を少し脚色しています。

人物は仮名で、友人目線で書いています。

改行や文章など拙くお恥ずかしいですがよろしくお願いします。

兄がおかしくなった。

昨日、彼女との1泊旅行から兄が帰ってきたのだが、どうにも兄の様子がおかしい。

ずっと部屋に閉じこもって食事にも出てこない。

家が厳しい彼女との初めての旅行ということもあって(彼女の方は女友達と行くと嘘をついてきたらしい)旅行前は、かなりウキウキしていたのに。

昼飯前にさすがに心配になり、ドア越しに声をかけてみた。

「兄ちゃん、どうしたん?洋子さん(彼女)とケンカでもしたん?」

返事がない。

「…兄ちゃん?」

しばらくして、低くかすれた声で兄が答えた。

「洋子から電話あったら…俺はいないって言ってくれ。」

「もー!やっぱりケンカかよ?まぁ、とりあえず飯くらい食べろよ。」

「……。」

それから何度か呼び掛けたが、もう兄からの応答がないので、俺は諦めてリビングに戻り母の作った焼き飯を食べた。

夕方、家の電話が鳴った。

母は買い物に出ていたので俺が取った。

洋子さんだった。

「…洋子ですけど。良一君(兄の名前)いますか?」

俺は一瞬本当のことを言おうか迷った。

しかし、家の電話にかけてくるということは、兄が携帯に出ないということだ。

兄の頭がまだ冷えていない今、無理に兄に代わって、余計に事態が悪化しても困るし、何より後々、兄の制裁アイアンクローが怖い。

俺は答えた。

「スミマセン。今ちょっと出かけてて…いつ帰るかも分からないです。」

「……。…見つけた。」

「…え?」

―ガチャ。ツーツーツー。

なぜか嬉しそうにそう言って(心なしか、切る直前フフフっという笑い声も聞こえた気がした)、洋子さんは突然電話を切った。

何となく嫌な気分になった俺は気を紛らわすため、再放送のバラエティー番組の続きを見た。

夜、インターホンが鳴った。

「はーい。」

母が出た。

「洋子ですけど…。」

時刻は22時を回っている。

家がめちゃめちゃ厳しい洋子さんが、こんな時間に外出するなんて、よっぽどだ。

母は俺に、どうしようかと目で訴えてきたが、とりあえずこんな夜中に、女の子と(しかも兄の彼女と)インターホン越しにやり取りするのはよろしくないので、玄関までは上がってもらうことにした。

母が「ちょっと

この怖い話はどうでしたか?

コメント(9)

↓そういうコメやめてもらえます?貴方が見なければ良いと思います(笑)

兄を気にもとめず干渉しなかったが故に引き起こした滑稽な事件だね

見たことある

みんなー!この人の投稿は見なくていいよ!ひどい人だから!

何だその女ムカつく

その続きだよね 多分、、、

何らかの理由で、悪魔に取り憑かれてたのか?と思います。

俺っちだったら、化け物にドロップキックをするね!

旅行先で洋子さんがおかしくなったっていう話あったよな

無さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード