昔わたしが友達から聞いたことのある怖い話を見つけたので紹介します。


夜の12時、合わせ鏡をやると悪魔を呼ぶと言われている。

私はこの世と霊界の合わせ鏡を
やってしまったんじゃないかと思うことがある。

以下、長文だから嫌な人はスルーしてくれ。 

5歳の頃だった。

悪夢を見た。

そのあまりの恐怖に目が覚めた。

薄明かりの中、天井に吊された電球が見えた。

そして子供ながらに、
それが夢であることにホッとして一息ついた。

その時には、どんな夢だったか忘れてしまっていた。

ただ、酷く恐ろしい夢だったという記憶しかなかった。

気が付くと、足元で何かがゴソゴソしている。


下目使いに目をやると、何かが動いているのが分かった。

ん?と思い、私は上半身を起こした。

今考えると、何者かの力で

「引き起こされた」

という方が正しいかもしれない。

そして、アイツが居た。

これから数十年に渡り戦い続けねばならない悪魔のアイツが。

私はそいつと眼前30センチほどで鉢合わせしてしまった。

身体を起こした私の前に、それは居たのだ。

年の頃は、私と同じくらいの子供である。

髪の毛がボウボウと伸び放題で、目だけが異様に光る奴だ。

昔の絵巻物に登場する施餓鬼の印象だった。

といっても、5歳当時の私に施餓鬼など知る由もない。

大人になってから印象が似ていると思ったわけだが。

服までは覚えてない。

ただ、手に持っていたものは、今でもしっかり覚えている。

鎌である。

草刈りに使う鎌を右手に握り、
上目遣いに私をにらみつけていたのだ。

私は恐怖の余り、足を投げ出した恰好で固まってしまった。

こんな恰好で金縛りもないだろうが、身動きがとれないのだ。

そいつは、私が動けないのを知ると、
手に持っている鎌を誇らしげに振りかざした。

「ヒヒヒヒヒっ」

と妙に甲高い声で笑うと、
そいつは私の投げ出している足をめがけ、
鎌を振り下ろした。

スパッと私の足は、膝から下が切り取られた形になった。

血は出てないが切り口から赤い身が見える。

でも、不思議と痛みはない。

悲鳴を上げようにも声が出ない。

そいつは、再び鎌を振り下ろした。

もう片足も膝の辺りでスパッと切り離される。

どうすることも出来ない私に、
そいつは身を乗り出してきた。

今度は腕を切り始めたのだ。

私はついにダルマのように四肢

この怖い話はどうでしたか?

コメント(8)

読んだことあるな

よくわかんね

↓それな

表現の仕方がすごく特徴的なので小説家になっては?話自体は全く怖くはなかったですが

というか途中から哲学的な話に変わった所から読むの萎えた

寝るのが怖いって、いつ起きたんだ?境がなく続いたのに覚めたときの安心感がないのは不自然な気がする。

お祓いしてもらいなよ

無限ループのはずなのに書けたの?

いかさんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード