まず始めに。
霊感と言って良いかは分かりませんが、子供の頃から不思議な体験や、妙に近付きたくない場所などは悪寒が止まらなくなるなど、漠然としたものを感じていました。
そんな私が実際に体験した内の1つを挙げたいと思います。結構な長文になるかと思いますが、ご了承下さい。

約20年前。病院に入院していた時の事です。
小児病棟という訳ではありませんでしたが、同室や周りの部屋にも同年代くらいの子が多く、悪戯して回っては看護婦さん達から叱られてといった日々を送っていました。

そんなある日の晩、ふと目を覚ますと、そこには毎日の様に遊んでいたT君がいつもと変わらないパジャマ姿で立っていたのです。
また何か悪戯でもしに来たのかと笑いながら話かけましたが、T君はほほえんだまま何も答えません。
不思議に思って「どうしたの?」と聞くと、「Sちゃんが呼んでるから、僕行くね。M(私)ちゃん、楽しかったよ。」と。
私はどこに行くのか聞こうとしましたが、そこで意識が途切れ気付けば朝となっていました。

あれが夢かどうかも分かりませんでしたが、いつも通り広場へ遊びに行けばT君もじきに来るだろうと部屋を出た矢先、看護婦さん達が慌ただしい様子。
ですが少しだけ見慣れていた事もあったのか、特に気にする事もなく広場へ行き、いつものメンバーが集まる中、T君だけが来ない。
具合でも悪くなったのかなー。なんて話をして、その日は適当に遊んで解散しました。

そしてその晩、寒くて目を覚ました私は足下の妙な感覚に気付きました。
ふと見ると見慣れない女の子がうずくまって私の両足をゆっくりゆっくりと引っ張っていたのです。

誰かの悪戯だろうと声を掛けても返事はなく、隣で寝ていた母を起こそうとした時、Sちゃんの声が。
「Mちゃん、遊ぼう。T君も一緒に待ってるよ」

私はT君がどこにいるのか聞きましたが、帰ってくるのは
「Mちゃん、遊ぼう。T君も一緒に待ってるよ」と全く同じ内容。そして変わらずゆっくりと足を引っ張る感覚。

私は怖くなり、「また明日ね。」と言うと、先ほどとは打って変わって足を引っ張る力が強くなりました。
驚いた私は必死にベッドの柱か何かに掴まり、「Sちゃん止めて」と繰り返すばかりで、そこでまた意識が途切れていました。

次に私が目を覚ましたのは3日後の朝。
訳も分からず母に抱きしめられながら、高熱と出血が止まらず意識不明の状態だった事、Sちゃんを呼び続け

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

とんでもない悪例に出会いましたね

後日特におかしな事はなかったんですが、2度目に見たのがちょうど10年前だったんですよね。 確か初めから約10年置きに遭っているので、また今年の冬が… 次見たときは、今度こそ連れて行かれるんじゃないか不安になっています。

ぎゃーー。その後どうなったの?

宮さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード