アイツを再び目にしてからさらに4日が経った。
当たり前かも知れないが首は随分良くなり、まだ痕が残るとは言え明らかに体力は回復していた。 熱も下がり身体はもう問題が無かった。

ただ、それは身体的な話でしかなくて、朝だろうが夜だろうが関係無く怯えていた。
何時どこでアイツが姿を現すかと思うと怖くて仕方無かった。

眠れない夜が続き、食事もほとんど受け付けられず、常に辺りの気配を気にしていた。

たった10日足らずで、俺の顔は随分変わったと思う。
精神的に追い詰められていた俺には時間が無かった。

当然、まともな社会生活なんて送れる訳も無く、親から連絡を入れてもらい会社を辞めた。
(これも後から聞いた話でしかないのだが…、連絡を入れた時は随分嫌味を言われたらしい)

とにかく、何もかもが怖くて洗濯物や家の窓から見える柿の木が揺れただけでも、
もしかしたらアイツじゃないかと一人怯えていた。
S先生が来るまでには、まだ二週間あまりが残っていた。俺には長すぎた。

見かねた両親は、強引に怯える俺を車に押し込み何処かへ向かった。
父が何度も「心配するな」「大丈夫だ」と声をかけた。

車の後部座席で、母は俺の肩を抱き頭を撫でていた。
母に頭を撫でられるなんて何年ぶりだったろう。
(当時の俺にはだが)時間の感覚も無く、車で移動しながら夜を迎えた。

二十歳も過ぎて恥ずかしい話だが、母に寄り添われ安心したのか、久方ぶりに深い眠りに落ちた。

目が覚めるとすでに陽は登っていて、久しぶりに眠れてすっきりした。
実際には丸1日半眠っていたらしい。
多分、あんなに長く眠るなんてもうないだろうな。

外を見ると車は見慣れない景色の中を進んでいた。

少しずつ、見覚えのある景色が目に入り始めた。
道路の中央に電車が走っている。車は…長崎に着いていた。これには俺も流石に驚いた。
怯え続ける俺を気遣い、飛行機や新幹線は避け車での移動にしてくれたらしい。

途中で休憩は何度も入れたらしいが、それでもろくに眠らず車を走らせ続けた父と、
俺が怖がらないようにずっと寄り添ってくれた母への恩は、一生かけても返しきれそうもない。

祖父母の住む所は長崎の柳川という。
柳川に着くと坂道の下に車を停め両親が祖父母を呼びに行った。
(祖父母の家は坂道から脇に入った石段を登った先にある)
その間、俺は車の中に一人きりの状態になった。

両親が二人

この怖い話はどうでしたか?

コメント(12)

尻にパンをはさみ右手でボクシングをしながら左手で鼻をほじり 「いのちだいじに」とでも叫んだのだろうか…

つーかT自分が余計な事して取り憑かれたくせに何で○○のせいにしてんの? クズ過ぎるだろ。 まーネタに怒ってもしょーがねーけど。

柳川は福岡だよ~

後半を読んで脚色の多いお話だと 感じました~

最後の最後で全てuso臭くなった

死んしゃったか、山で苦○んでるって事?

まだ続いてると思ったら、とても怖いです。私も家の中に常に一人以上いるから(幽霊)注意しないといけないと思いました。

↓探したら前編もちゃんとありましたよ。 ちゃんと検索されてはいかがですか? Tさんがどうなったのか、とても気になります。

この話の主人公死んじゃったってことる

マサさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード