俺は、結婚プランナーだ。いやっ正しくは、昔、結婚プランナーを、した。正しくは、なんでも屋さんだった。
あの、出来事が、あってから、俺は、俺自身が、しんじられなくなった。

その女性は、亡くなった彼氏の、遺影(いえい)を、持って、結婚の相談にきた。

年齢は、恐らく高校を、卒業仕立てくらいか・・

遺影の、彼氏の、顔写真は、見た目60代くらいか・・

その、女性は、自分の事を、インターネットの、ネームで、

フミカと、名乗っていた。


フミカは、俺の、前で、遺影を、両手で、持ったまま俺の、前で、
その場で、泣き崩れた。

「わたしは、どうしても、この、人と、結婚したかったぁぁあ、でも、もういないのぉぁ。でも、わたしは、この人のことが大好きだったの。いまになって、きずいたの、わたし、本当にこの人のことが、好きだったのぉお。うわぁああん、ああああ」

俺は、泣き虫な、女に、弱い。

そっとフミカを、優しく起き上がらせて、言った。

「大丈夫ですよ。安心してください。あっ、お茶どうぞ。」

俺は、ペットボトルの、お茶を、フミカに、渡した

よほど外が、夏で、暑かったのか、渡したお茶を、音を、たてて
飲み干して、すごい、笑顔で、

「じゃあ、ミキモトさんと、私は、結婚できるんですね。よかった。」

俺は、聞き返す

「その、遺影の、写真の、おじさんの、名前、ミキモトさんって、言うんだね??」

5日後に

遺影の、ミキモトと、フミカの、結婚式が、開かれた

フミカは、ミキモトの、遺影に、キスを、する

とても微笑ましい結婚式だった。

だが、本当に俺は、きずけなかったフミカの、本当の、目的に。


その夜から、俺は、正体不明の、金縛りに、あうようになった。

金縛りというには、酷い

そして必ず耳もとで、男の、ような、声で、

「ちがう。ちがう。ちがう」

と、三回聞こえるのである。

俺は、起き上がって見えない男の、声に、問いかけてみる

「なんなんだ?あんた?何が、ちがうんだ?」

おれは、一人事務所で、ソファーで、横に、なるのが、好きだ。

すると

黒い高い影の、ような、ものが、俺にちかずいて来る。

そして、俺の、前で、ふいに、ぱっと消えた。

俺は、電気をつけて起き上がる。

いつもの冷蔵庫が、あるだけの部屋だ。

とっ一本の、電話が、かかってきた。

俺は、携帯を、とって電話に出る

「すいません警察の、も

この怖い話はどうでしたか?

コメント(7)

( ´・ω・`)あらまぁ…

変なところに句読点多すぎて読み辛い

ワロタ

くぎる点多い!

オチは?

悪い人だ!

読みづら!w

消極ピエロさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード